タグ:要約筆記 ( 14 ) タグの人気記事

九州ブロック研修会(唐津)

a0027555_1153073.jpg


この土日、九州ブロック研修会で佐賀県の唐津へ。
開催会場は国民宿舎「虹ノ松原ホテル」。

初日の講演は「裁判員制度」~難聴者が選ばれたら~
サブタイトルの部分は後半以降にほんのちょっと。後は裁判員制度の目的と経緯の説明が主。講演者は主席ではあるが書記官。どうしても制度自体や手続きなどの話し中心になるのは仕方ないのかもしれないが、もう少し要約筆記に関連づけた内容が欲しかった。
裁判員制度の中での要約筆記のありかたや、情報保障者へ期待することや注意点といった、より具体的な内容を期待していたので、いささか気持ちが萎えた。(笑)
でも、講師は誠意を尽くし、一生懸命説明をされていたので、その気持ちは伝わりました。ただ、話しに使う資料のことを言われるが、なかなかその部分を聞き手がつかめない状態が続いた。
要約筆記の中でも、使う資料などの表し方をどうするか、よく問題になる。また、その関連の研修なども受けているので、こういう場合の表現がスクリーンに全く出ないのでうん?と思いつつ講師の「チャートの」「チャートの」ということばがむなしく私の頭の中でリフレインだった。

分科会は2つ。
1,~通訳としての~要約筆記
2,利用者と考える要約筆記活動 もっと活用できる要約筆記

第1分科会に参加。
1日目は手書きとパソコン合同の研修会。
手書きの要約筆記もパソコンの要約筆記も基本は同じ、ということでそれぞれの講師が共同で講師を。
講師が2人の授業。
テーマ、着眼点はとても面白かったと思う。
特に、~通訳としての~のところ、字面を追う書き方・表現ではなくといった部分の掘り下げをもっと具体的にやるとより魅力的になった気がする。
2人講師の時はやはりそれぞれの講師がお互いを尊重するあまりに遠慮しがちになる。その部分がもったいなく感じる。今回は初めての試みなので、もしこれを続けていけば、より内容が深まり面白くなる可能性を含んでいると感じた。
出色は、参加者から、パソコン要約筆記とパソコン要約筆記と言われるが、私はそのパソコン要約筆記というのを見たことがない。見たことがないものをいろいろと言われても、という発言で、急遽、手書きのスクリーンとパソコンのスクリーンを同時に提示し、見てもらうことになった。
突然なのであたふたと準備がすすめられ実施。そのぶん、それぞれの良い面、欠点がもろに出てくる。これは面白いと思った。前もっての準備をしていない、作られていないからこその面白さだと思う。勇気ある発言者に感謝。

2日目、パソコン
最初に地域の実情ということで、参加者の中からそれぞれの地域の代表者がパソコン要約の養成や派遣、現状などについて報告。進んでいるところは、まだパソコンを始めたばかりの地域の状況それぞれである。
パソコン要約筆記を始めたばかりの頃の、周囲の反応や反響、そして強い反発を思い出し、どう折り合いをつけてきたかなどのことを思いだし、感慨深いものがあった。
また、これから始める参加者は、進んでいるところの発表を聞いて、今後の活動の方向性や標的な意見として参考になったのではないかと思う。双方に役立つ内容だった。

実技検証はこれからパソコンを始める人にとってはとても面白かったのではないかと思った。広めるため、発展させるためには、知識を持つ先進チームが後続チームの支援をする、これにつきると思った。今後ブロック内で、この情報交換と後発地域への支援の形式がさらに発展することを願う。

感想
現在の日本で情報過疎地というのは考えられない。なのに、進んでいるところと進まないところがある。また、始めたのは同じ頃なのに、どんどんと発展し元気のよい地域があるかと思うと、最初は元気だったのに、なぜかだんだんと力を失っていくところもある。
この部分の分析をするのも面白いだろう。
※ きっかけは何か。
※ 行政の後押し、予算、養成はどうか。
※ 周囲の環境が整えば本当に発展するのか。

さまざまな発見があった分科会でした。
開催地域のみなさま、とてもよい分科会でした。さぞや準備が大変だったでしょう。ありがとうございました。
講師のみなさま、お疲れ様でした。感謝。参加者は何かとてもよいものを見つけたり、もらったりして帰路についたのでは。
上の写真は開会前の会場の様子。
by totorisu | 2010-02-01 03:10 | パソコン要約筆記 | Comments(4)

字が話す 目が聞く

「字が話す 目が聞く」(上村博一著)この本を購入するのは2回目。
前はもう10年以上前、最初に上村先生の授業を受けた後だったような気がする。

昨日、「日本語の特徴」の研修で熊本へ。
もちろん講師は上村博一先生。これを逃してならぬ、という思いで。(笑)
本当にしばらくぶりでお会いした先生は相変わらず矍鑠としてらした。ご病気をされたと伺っていたが、寸分もそういう雰囲気は感じられない。

それよりも強く印象的だったのは、前よりもずっとずっと要約筆記に対しての造詣を深めていらしたことだ。
講演もテキストも練習問題も、お話につられて言われるままにやっていけば、要約筆記の要約技術のエッセンスのようなものが自然と身につくように工夫されていた。

無理をしてでも熊本まで行って良かった。
先生ありがとうございました。また、お会いできる日を楽しみにしています。
a0027555_6465131.jpg


追記
大事なことを書き忘れていました。
研修の中で先生がおっしゃっていた大事なこと。私もずっとそう感じていたところがあったので、共感。

「そろそろ要約筆記を科学的に分析しなければいけない時期に来ているのではないか」
要約筆記各所でみられる様々な数字、例えば1分間に書けるであろう文字数。これも一般論的としてであり、感覚的な数値。特に具体的な裏付けや科学的な実証実験を経ての数値ではないのではないかということ。

要するに科学的な追及、研究までに至っていないのではないかと感じるということです。あらためて全要研等への提言と受け取りました。
しかし、一昨年の全要研の討論集会の機械入力委員会が担当した分科会でこれを発言したときは、司会の方に一蹴されてしまいましたが。(涙)(笑)
へへへ、かなり恨みにおもっているみたいよね。あたしって。
by totorisu | 2010-01-25 06:47 | パソコン要約筆記 | Comments(0)

福岡教育大学でも

県内の大学ではあるのですが、ちょっと距離があるので、なかなか情報が伝わって来なかったのですが、書きの記事をみつけました。

http://osaka.yomiuri.co.jp/university/topics/20091015-OYO8T00422.htm

20数名というのはすごいですね。
学生さんが頑張る、この方法が一番よいのかもしれません。
ただ、学生が遠慮をしなくてよい体制を作ること。普段の学生生活に影響がないように配慮することなども必要です。学生間の助け合いは、卒業してからの社会生活でも生かせると思います。

私たち要約筆記者は専門職を目指して努力をしています。
必要なことがあればいつでもお声をおかけください。蓄積した経験知識も役立つことがあるかもしれません。
by totorisu | 2009-10-16 07:07 | 要約筆記 | Comments(2)

PSPへの文字表出はパソコン1台で可能に

先日の全要研の全国大会第4分科会でやったPSPを使っての情報保障の方法。
ソフト作者のMさんが、ITBCを走らせるパソコンから直接文字を入力できるようにしてくださった。地元にもどってやってみなきゃと思いつつも、時間がとれない。

で、今日は家でたまった事務作業をする日。やりながらついでにこの作業を試してみた。
マイパソコンの上にPSPを乗せて。
グリーンにしたのは知り合いの盲ろうの方がお気に入りのパターン。
PSPの上から2行目、反転の横長の部分があります。これはテロップ。
内容とは直接関係ないのはここに流せます。
青い文字は「読み返し」
利用者が操作で前の部分の文字を読んだり、確認したりする作業が可能になりました。
もちろん禁則にすることもできます。
a0027555_9341090.jpg

連携入力も一部可能に。
が、試したら、なぜか同じ文字が2行出てくる。あれ?
チェックだ。(笑)

PS あ!配信用のルーターは必要です。
by totorisu | 2009-07-11 09:41 | パソコン要約筆記 | Comments(4)

裁判員制度

朝、寝坊をしていたら何やら耳元でパパ殿の声が。
「これどう見ても・・・・・」と。「うん?え?あ、これ私よ」それにしてもこんなにデカデカと。恥ずかしい(笑)。

先日、聴覚障害関係の方からの紹介で、西日本新聞社の記者の方から取材を受けていたものです。とらえ方が聴覚障害者というだけでなく、社会の中の全てのハンディのある方、子育て中の方をも対象としているところに共感しました。
a0027555_944310.jpg


More
by totorisu | 2009-03-30 09:15 | 要約筆記 | Comments(6)

福岡県が最低の「要約筆記者への支援」

社団法人全国難聴者中途失聴者連合会が中心となって今、要約筆記者を養成するための新しいカリキュラムを作成し、その指導者の養成を昨年から行っている。
このカリキュラムは「要約筆記奉仕員」のカリキュラムと違ってまだ厚生労働省から全国に通達されていないために、福岡県ではどこも誰もお金を出してくれません。他県では費用を負担しているところが結構あるというのに。

それでも次のカリキュラムができるとなると誰かがそれを伝えていく必要があります。福岡県にそれを知る者が1人もいないという状況は避けなければならない。ということで、昨年に引き続き今年も相棒の要約筆記者と2人、県の推薦をもらって東京に行ってきました。推薦はするけどお金は出さないというこの図式。おかしいですよねえ~。ということで、費用は一切自腹です。2年間で4回の講習会というのに。涙
あの福祉計画、福祉のふくおか県などと県の広報紙に書いてあるけど、全部うそっぱちに聞こえます。選挙前の知事の宣伝としか思えない。

この講習会がどれほど過酷なカリキュラムか少しお話しましょう。
私達は主婦です。仕事ももっていません。当然自由に使えるお金はわずかです。ですから東京に行くにしても前泊なんて考えられない。早朝、4時に起きて福岡空港へ。7時10分台の最初の便に乗って東京へ。講習会の受付けは10時。会場に滑り込むようにしてやっと到着。直ぐに授業が開始。お昼は1時間だけ。直ぐに午後の授業。夕方まで。夕食の時間は1時間のみ。また夜の授業です。夜8時半まで授業が続きます。

それだけで終りではないのです。宿題が出るのです。それからホテルに帰って宿題をやる。
今回はホテルではなくて、節約してウィークリィマンションでした。机があって、すごく勉強には最適の環境でしたよ。
a0027555_852342.jpg
寝るのは午前2時くらい。そして9時半からの授業にまた出る。夕方5時まで授業。この2日間みっちりと組まれた授業を一泊二日の強行軍でやっちまうのです。福岡から東京は遠いのです。お金もかかるのです。福岡県の聞こえない人のためには、この活動が必要なのです。全国的に進められていることに、福岡だけ行かないというわけにはいかないのです。でも、役所もその他の団体も冷たいのです。長崎、佐賀、熊本、宮崎、大分あたりは支援があっています。なのに福岡県だけが、なぜ福岡県の要約筆記者だけが苦しむのでしょうか?教えて!県の福祉課の皆さん、福岡県知事さん

そして今週末また東京で開催される講習会に出席してきます。涙

おばばは、県が費用を支援してくれるようになったら、この記事は直ぐに削除します。(笑)
by totorisu | 2008-01-29 08:57 | 要約筆記 | Comments(6)

スカイマークは合格でした!

これまでの「要約筆記奉仕員」ではなくて、「要約筆記者」の指導者養成カリキュラムの後期課程の講習会に参加してきました。
前期でかなりみっちりと鍛えられて勉強をした気分になっていたのが、1年経つとやはり忘れるのですねえ。そう言う意味では反省の部分がかなりありました。でも、ちゃんと勉強してきましたよ。(笑)

場所は大塚の筑波大学東京キャンパス。
宿泊は節約して東池袋のウィークリィマンション。私知らなかったのだけど、ホテルタイプのこういうマンションがあるのですね。部屋は狭かったけど、キッチン用品やテーブルの設備などけっこう面白かったです。

カリキュラムの内容などはまだここに書くことができませんが、代わりに、聴覚障害者関係での観察事項を少し。
今回は、聴覚障害者関係放送のタレント、キャスターでもあるK本県の難聴協会の会長のM女史と一緒の飛行機でした。スカイマークエアラインズの同じ便ということだったので、空港で待って、カウンターでのグランドアテンダントの対応を観察することにしました。

カウンターには、耳が不自由な方はお申し出ください、筆記で対応いたしますという案内表示があります。そうはいっても、書いてはあっても、スムーズに対応して下さるというところはなかなかありません。

ところが!です。こちらが何も言わなくても、この綺麗なお姉さんは、小さな紙を取り出して、ちゃんと話すべき内容を書き始めました。そしてその紙に書いたものを見せながら、対応をしてくれているではありませんか。
福岡空港のスカイマークエアラインズの難聴者への対応は、みごと合格です
a0027555_1525184.jpg

このように、難聴者への対応を関係者の皆さんが心がけて下さると、利用者も安心して乗ることができますし、まさかの事故の時に取り残されるのではという不安がなくなります。
by totorisu | 2008-01-21 15:20 | 要約筆記 | Comments(4)

要約筆記者指導者養成講習会<後期>

昨年近畿地区で開催された、全難聴主催のこの講習会の後期課程が土日と2月の上旬の2回に亘って開催されるので、土曜日から東京なのだ。
もちろんいつものように朝一番の飛行機でいき翌日の最終便で帰るという強行軍。予算も時間も自由にできない主婦にはこの手しかないのです。同情するなら金をくれ。(笑)
だって、誰もお金だしてくんないだもの。県に何度も相談をしたけどダメだった。色んな手段で交通費を捻出してくれるという県もあれば我が福岡県のように、民間のボランティアにおんぶにだっこにもかかわらず、偉そうにしていてお金も出さない。(おかしいぞ!)

で、昨年の資料をとりだしたり、探したりして忙しくしていると、こう言うときに限っていろんなところから連絡がくる。それが尋常ではないのだ。原稿をお願いしたい、教えてください、ご相談が、ご挨拶が、え?何で?今日じゃなきゃダメなの?というくらいに重なった。笑

お願いです。分散してください。そうしたらいくら朴念仁でおばかのおばばでも少しは世間様に申し訳が立つ程度のものは書けます。だけど、この状況ではねえ。お断りをいたしました全ての皆々様方、どうかどうかお許しを!!

で、今日もパソコン2つ抱えて、電車に乗って午前中仕事を済ませてきた。
なんと、県の今回の担当者はおばばが住んでいるところのお役所の出向職員でした。因縁だし、昨年のことも覚えていらしたし、縁があるのだけど、それならば戻ってきたときはもう少し聴覚障害者支援に予算を出しておくんなさい。
by totorisu | 2008-01-16 17:28 | 要約筆記 | Comments(0)

パソコンと設定を変えて再挑戦

他の場所で実際にやってみてと言われて、友人のルーターで挑戦してみた。同じパソコンにIPtalkを走らせていたためか、通信がなかなかうまくいかなくて、またもやDNSエラー。

これはいかん、と思い、自宅で今度は自宅のパソコン2台を使って再挑戦。
できました。
これがブラウザにアドレスを入れて、文字が出てきたところです。

a0027555_9525030.jpg

a0027555_1813399.jpg


追記です!(2008.1.18)
なおさんがマニュアルを改訂してくださいました。
ここです。↓
http://www2.wbs.ne.jp/~condle/HOME.html
by totorisu | 2008-01-14 18:03 | 要約筆記 | Comments(11)

PSPを使っての表示「成功!!」

昨年末にPSPを手に入れて、時間ができたら挑戦しようと手ぐすね引いて準備をしていたおばばですが、いざ初めてみるとこれがうまくいかない。
マニュアルはあるのだけど、マニュアルに書いてあること以前の問題でストップ。(笑)なにせゲーム機などさわったことがないおばばなので、PSPの使い方からチェックしていかなければならないのです。入力の仕方もパソコンみたくはいかない。ああ、めんどくせぇ~という状況。

そうしてなんども挑戦するのだけど、なんどやってもDNSエラー。
全国にこの方法の成功例と使用例をいち早く報告された宮下さんにメールを送っておしえてもらう。そして、とうとう今日、うまくいきました。
宮下さんとなおさんありがとう。
下の文字には「どうして文字がでないの?」と書きまくっています。笑
a0027555_17591889.jpg

a0027555_185867.jpg


すごいでしょう?
これで、いままでノートパソコンがなければ文字で情報保障が行えなかったのが、この小さなPSPで可能になったのです。これを持って朝礼に参加すれば、校長先生が朝礼でどういう話しをしているのか、PSP片手で見ることができるのです。もちろん会場のどこか隅っこで、この内容を入力している要約筆記者はいるのですが、必ず自分のところにノートパソコンを設置しなくてよくなるなんて、本当に便利になりました。

追記です
次の夢はこれ。
この写真は、上の記事にもかきましたが、宮下あけみさんが送って下さったものです。
このような利用の仕方以外に登場場面はいろいろとありそうです。
a0027555_910549.jpg
その宮下さんが活動内容を発表しているサイトはこちらです。↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~momo1/sub1/akemizo2.htm061.gif
by totorisu | 2008-01-12 18:10 | 要約筆記 | Comments(8)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31
題名で、インドカレーなら..
by mamicha2 at 15:49

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル