タグ:グルメ ( 8 ) タグの人気記事

八朔のマーマレード

年末からずっと忙しくて日曜日に家にいるなんて滅多にありません。
少し前に買っておいた八朔。きれいだったのでマーマレードにするために。
やっと夫の朝ご飯、パンにマーマレードが濡れます。(笑)
a0027555_19450360.jpg


a0027555_19443621.jpg

a0027555_19441736.jpg


by totorisu | 2017-02-05 19:45 | 旅とグルメ | Comments(0)

お茶の舎「野の花」のランチ

近所の大好きなケーキ屋さんから200メートルほど南に下ったところに雑貨屋さんがある。できてまだ1年ほど。いつか入ってみたいと思っていて、やっと昨日念願の入店視察。(笑)

初めて入るお店ってなんだかこっ恥ずかしいよね。入った途端にいらっしゃいませの声。
思わず「2階の喫茶店はここからでいいのですか?」と口からでてしまいそのまま階段で2階へ。

もちろんもちろん、ここの2階に「野の花」という喫茶店があるというのは知っていたし、一度はと思っていたところだったのです。ということで、そのまま2階へ。(笑)

あ、これはいい!
板張り、店内は木の温もりの中に和のしつらい。でもどこかモダンな雰囲気を漂わせている。
優しい素敵な笑顔の昔のお嬢様が案内をしてくださいました。
「ランチはもう終わってしまったのですが、よろしいですか?」
「はい、お茶でもいいのですか?」
「もちろん」
「初めて来るのに勇気がいりました」
「まあ、勇気だなんて(笑)」

メニューは3つ。野の花ランチとお煎茶と珈琲。ランチは500円でお煎茶つき。店内には趣味のよさそうな若い女性、小さい子ずれのお母さんも。優しくしっとりとした雰囲気です。
で、当然、お店のオーナーと話しが弾みます。あ、昔のお嬢様ね。(笑)
建材店をしていらしゃって、地元の古い小学校の建物を移築して倉庫につかっていらしたのだとか。その2階を改装して「野の花」に。
お近くの方は是非一度、おすすめです。

珈琲です。おとうふ団子がついています。300円ですよ。
a0027555_14272227.jpg


テーブルの上のセンタークロスは古い帯地。もったいないような気持になります。
a0027555_1427548.jpg


そしてお店の方が出してくれた情報誌。これって以前私がフリーライターの頃に仕事をした会社のものでした。なつかしい。
a0027555_14282183.jpg



珈琲を頂いて1階へ。ここは若いご夫婦がやっている雑貨屋さん。木のオモチャも多く、小さな子どもが遊べるようなちょっとしたスペースもあります。
おばばは、木でできた引っ張るとクマさんが太鼓を叩く車を買ってしまいました。もちろんウルトラくんへのクリスマスプレゼントです。

源平梅さん、一緒にいかがですか?
電話しておいたら限定20食のランチ、とっておいてくださるそうですよ。
by totorisu | 2007-12-14 14:43 | グルメ | Comments(5)

佐賀県相知町「見返りの滝」

久しぶりの休日、新聞に見返りの滝のあじさい祭りが最終日とある。
パパ殿と行ってみるか?ということになり、早速高速に乗った。
相知町の町並みをちょっと過ぎた次の信号で右へ。ここら辺りから道路のあちこちに案内の人が出ていて、行き先を指示してくれる。

駐車場に車を停めるように指示され、歩き出し、暫く登るとおばちゃん達が清掃協力券というのを配っている。1人200円。だけどそのちょっと先辺りにシャトルバスが待っていて、上の滝の側までバスで送ってくれるのだ。これは便利。でも、ペットは乗せてくれなくて、犬ちゃんをつれていた老夫婦は仕方なく自力で登っていった。お気の毒に。
バスを降りて坂道をちょっと下るとすぐに滝へ。
a0027555_20322545.jpg

真夏のように暑くて梅雨独特の鬱陶しさのある日でしたが、やはり滝壺辺りにくるとひんやりと冷たい風が吹いていました。しかし、うちの旦那なんだか893さんの集金係みたいな恰好だにゃん。(笑)
a0027555_20485578.jpg

帰りは滝の反対側の遊歩道を歩いて降りました。対岸の紫陽花はほとんど枯れかかっているのにこちら側の紫陽花はまだまだきれいでした。途中カップルが川の流れに足をつけたりしていて楽しそうでしたよ。
a0027555_2049213.jpg

これは下りの道の橋。欄干に何故か金属のオブジェ。全部昆虫です。面白いねえ。
このちょっと上の方に唐津焼などのお店がでていて、そのお隣で冷たく冷やしたトマト、1個50円を一休みしてほおばる。喉に潤い。

帰りは相知の佐里温泉で食事の予定が道を間違えて諦める。唐津の虹の松原の中にあるレストラン、海浜館へ。ビールのジョッキが陶器製でした。牛の頬肉のシチュー、ちょっと量が少ない。(笑)ソースは美味しかった。旦那はウニとさざえの壺焼き。私は飲めないので珈琲。
周囲の松林がとてもきれいです。
a0027555_20495192.jpg

a0027555_20502131.jpg

a0027555_20505665.jpg
海浜館の紹介はこちらで。

とても遠くに来た感じがするのですが、浜玉有料道路、西九州道、都市高速、高速と乗り継ぐと、1時間ほどで自宅に戻れるのです。遠くて近い唐津です。
by totorisu | 2007-06-30 21:10 | 旅とグルメ | Comments(4)

洞門パティオ

先週、空いた日を見つけて、久しぶりに実家のお墓の掃除に行ってきました。
そのみちすがら新しいお店を発見「洞門パティオ」新鮮な野菜を中心のバイキングレストランのようです。
これがその建物と玄関、左側がお土産や地元産品の販売所になっていました。
中は木造で屋外のベランダ風のところでも食事ができるようになっていましたが、残念なのは近くに民家があるのです。これはちょっと・・・。
カメラを構えると撮影は禁止ですと注意を受けました。(あっそう)
a0027555_710685.jpg


野菜料理の数はとても多いです。肉類は鶏肉程度。後は鯛のカルパッチョ、それ以外は全部野菜でした。もちろん珈琲やジュースもあるのですが、おすすめは小松菜のジュース、きれいな緑色で爽やかな味わいです。
a0027555_7103597.jpg

このように、本当にお野菜だれけ。笑
a0027555_711369.jpg

これが菊池寛の小説「恩讐の彼方に」で有名な青の洞門です。このすぐ近くにお店はあります。
a0027555_7113352.jpg

自宅に戻って、ネット検索をすると、ここはふるさと創世のような助成金で作られた施設のようで、その金額が1億数千万円だとか。聞いてちょっと驚きました。金額とお店の雰囲気と比べるとうーん。
それからお店のスタッフにものすごいばらつきがある。まさに田舎のヤンキーお姉ちゃんというような人もいて、ズボンの裾をひきずりながらポテポテとあるく姿は興ざめ。どんなにきれいで先進デザインでも働く人の意識が食堂のお姉ちゃんと一緒だと資金がもったいないな。
と、撮影を禁じられたせいか、辛口批評になってしまうおばばです。笑
by totorisu | 2007-06-21 07:23 | グルメ | Comments(9)

「ちきた」の田舎玄そばにやっとありつく

「ちきた」のことを書くのもこれで3回目。これまで何度行っても売り切れだった待望の玄蕎麦をやっと注文することができたのだ。

秋月の蕎麦どころ「ちきた」。有名なだんご庵の直ぐ近くにあって、山から流れる沢の水音を聞きながら、石臼引きの蕎麦を楽しめるという情緒ある蕎麦処。今日は開店の30分も前に到着。よし!一番だと思ったら既に車があり、中には若いカップルが。
店の前のバンゴに座って待っていたが、周囲の桜に見とれてお散歩。珍しい山桜があったので撮影。
a0027555_23395797.jpg

これまでは前菜のみだったのが、そば茶と一緒にお漬け物が。ほんのチョッピリなんだけど、ちょっと待つ間の楽しみ。そば茶の香りがなんともいえずによい。秋月のお水がいいのかな。
前菜の大きなお豆がすごく美味しい。
a0027555_23412266.jpg

これが玄蕎麦。細くて腰があって、蕎麦の黒い斑点があって、少しざらついた感じ。旨い。一日限定20食の手打ち蕎麦。
a0027555_23414951.jpg

御蕎麦 ちきた
甘木市秋月大字野鳥字城の尾182-1
定休日 火曜日、第三月曜日
営業午前11時から お蕎麦が無くなり次第終了
by totorisu | 2007-03-31 23:50 | グルメ | Comments(1)

博多座の1階席

日曜日、博多座での中村美律子特別講演(3月4日~29日)に行ってきたました。え?河内音頭にド演歌?とお思いでしょうが、要約筆記仲間がどうしてもいけなくなったからとプレゼントして下さったのです。そのお値段は13000円です。それも前から7番目という席。
写真は博多座玄関。
a0027555_12365585.jpg

行く気になった理由の1つは、この公演のお芝居の脚本がジェームス三木さんだったから。彼はいろいろ言われるけど、脚本家、舞台台本作家としての力はすごいのです。歌よりもお芝居の方に興味がね。

行ったら、やはり中年というよりは高齢者中心。若い人は1人もいない。笑
よくもまあ、こんなにというくらいに。でも3階席あたりにはまだ空席がちらほら。午前中開演の分でしたからそれもあるかもね。それと後で分ったのですが、この日、嘉穂劇場では森進一の公演があったというから、そっちにお客がだいぶ逃げたのかもしれないです。
とはいうものの、1階(実際は2階にある)と1階のお土産売り場やお弁当、博多の名産品のお店にはもう沢山の人だかりが。
a0027555_12331597.jpg

会場に入ったら写真撮影はダメ。でも中の様子をこっそり。すみません、舞台は流石にマナー違反なのでダメですが、下から上階席を。3階まであります。
a0027555_12353086.jpg


おばばは、芝居の幕間に食べるお弁当を物色。やはりここに来たら料亭老松のお弁当(1000円のもの)ですよね。
a0027555_12242333.jpg

なんだか写真がねえ。お席で頂いたので、フラッシュは焚けないし、膝の上なのでピンボケです。お味は流石に有名料亭の板前さんが作ったというだけあって、1つも無駄がないし、味も上品。もっと華やかなお弁当(梅の花など)もあったけど、ここはやはりね。美味しかったです。
一番に売り切れていました。

久しぶりにの芝居見物だったので、ちょっと懐かしさもあって、人一倍感激してきました。以前は勉強と思って良く行っていました。
演目は「雲の上の青い空」~中村美律子物語~、これすごくいいです。芝居だけでなく、途中に入る日本舞踊がすごい。博多芸者姿(黒紋付きに博多献上の帯姿)がなんとも艶やかで、それを間近で見られるだけでも価値がありますよ。お勧めです。
お土産に東京の歌舞伎座で売っているという細工物の厄よけの水晶の根付けと打ち出の小槌をパパ殿、娘、お嫁さん用に買って帰宅。
by totorisu | 2007-03-12 12:47 | おばば | Comments(2)

太宰府天満宮の茶店でお弁当

太宰府天満宮で食事をしたり、梅が枝餅を座って食べたいときにお勧めのお店は、天満宮の脇を通り抜けた奥にある茶店。それでも手前の方にある茶店では、梅が枝餅だけのお客様は持ち帰りのみとなっていますと、席を利用するのを断るお店もあるので要注意。奥の方のお店の方が親切な対応です。

それに、手前の菖蒲をみられる池の周囲にある、緋毛氈のバンコを置いた茶店は、対応はつっけんどん。出てくる料理はまずいですから注意して下さい。笑
行くなら奥の方、奥ですよ。

ということで当日食事をしたのは幕の内弁当1000円とおでん380円だったかな?ビールの大瓶がちょっとお高くて640円ほど。でも幕の内弁当は写真には写っていませんが、梅酒の食前酒が付いています。注文で梅が枝餅も食べられます。これは105円。梅を見ながらが良い人は梅林風の庭にしつらえたお席での食事も可能です。お昼はツアー客の予約で一杯のことが多く、一般客は手前に3席ほどしかありませんので、要注意。
a0027555_10423872.jpg

茶店の庭の様子。写っている人は屋外のテーブルで食事をしている方です。
a0027555_116181.jpg
by totorisu | 2007-03-06 11:06 | グルメ | Comments(3)

ホテルの朝ご飯(ホテル京阪天満橋)

ちょっと遅れたけど、先々週宿泊した、大阪ホテル京阪天満橋のバイキングスタイルの朝食。
場所はホテル1階の居酒屋。メニューはそれほど多くは無いけど、塩鯖があったのは嬉しかった。塩鮭というのが定番。しかし、ビジネスホテルの塩鮭というのは、たいがいまずい。オーブンで一度に焼くからだろうが、やはり塩鮭は直火で焼いたのが一番。
a0027555_9262360.jpg

出色だったのはスクランブルエッグ。どのホテルにも必ずある朝食の定番メニューだが、これほどホテルで味が異なるメニューというのも珍しい。使っている卵のクオリティがそのまま味に出る。混ぜものなどすると一目瞭然。ここのはきちんと生クリームが使ってあり、卵の味も生きていた。合格!!

残念だったのは、作務衣姿の女性従業員さんが、ぐしゃぐしゃのビニールに入ったパンを器の中にそのままざざざと入れていたこと。せめて調理場から篭かなにかに盛って出して欲しい。袋にパン屋の名前まで書いてあった。宿泊客はホテルで焼いた、いわゆるホテルパンを食べているつもりなんだから。ね。男性ウェイターがスマートな分、よけいにその姿が目立った。
by totorisu | 2007-02-21 09:34 | グルメ | Comments(5)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

おおおお! お元気です..
by totorisu at 23:26
規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル