<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

PCが水浸し

へへへ、タイトルに驚いたでしょう。
テーマのトップに「危うく」をつけてくださいまし。(笑)

昨日はすごい雨。その中をPC抱えてある大学へ。
友人はちゃーんとPCバッグに自作のレインカバーをつけてきていた。尊敬のまなざし。

無事作業は終わって、さあ帰宅というところで外はかなりの雨。おばばはというと、いつものとおり。PCが大雨で濡れないように傘をかしげて、右肩半分はずぶ濡れ状態。
やっと駅に辿りつき、来月のチケット購入などをすませて、ほっと、ホッとなんだ?
トイレへ。(笑)

雨の日や湿度の高い日のトイレって嫌なんだよね。特別荷物が多いおばばは、いつもその荷物の置き場に困るの。つい赤ちゃん用のベッドに置いたりしているのね。
ところがその日、目についたのが、洗面所の横に置いてあった、「荷物はどうぞここに置いてください」というメッセージが貼り付けてある、親切な荷物置き。おお、いいんじゃないのぉ~なんて鼻歌交じりでPCをその上に乗せて手を洗いハンカチをバッグから出して手を拭こうとした瞬間、ドサッ!ジャーァ~!
倒れたPCバッグ。センサーで水が出る蛇口。PCバッグにザアザアと水が降りかかる。

ギェェェエ~ッ!
おばばの瞳孔が全開。素早かった、表面とちょっと中までぬれてはいるが、なんとかPCは助かった。ハンカチ、ティッシュ、持っているかぎりのものを出して拭きました。
自宅に戻ってチェック。なんとか大丈夫のようです。ああ、良かった。でも、きっと後で何か影響がでそうな、嫌な気分。(笑)

皆様、洗面所で傍らにバッグを置くときはご注意を。特にセンサーで水が出るところは要注意です。
って、そんなことするのはおばばだけだって?トホホでござる。
by totorisu | 2010-06-29 08:13 | パソコン要約筆記 | Comments(3)

グランドプリンスホテル広島

安来から一路広島へ。
目的はグランドプリンスホテル広島。海辺のリゾートホテル。
a0027555_0412435.jpg


ホテルの駐車場に車を置き、ホテルにはいろうとするあたりで、ポーターが飛んできた。荷物をお持ちしますと。流石に大きなホテル。そのポーターからベルボーイに荷物は引き継がれ、カウンターでチェックイン。部屋まで案内してくれるそのベルボーイがなんとちょっと前の痩せていた頃の小栗旬にそっくりではないか。笑うとよけいに似ている。

部屋は14階。もっと上がよかったなあ。ま、窓から海は見えるので、一応OK。清潔だし結構広い。
食事を予約していなかったので、和食、中華、イタリアン?洋食とあるが、久し振りに中華では?ということで20数階の中華レストランへ。バイキングとアラカルトとあるが、バイキングの4000円でお願いすることに。飲み物は別。流石にここからの景色には目を奪われます。丁度日が暮れ始める頃で瀬戸内の島々に灯がともり、停泊中の船や漁船の灯が美しい。

だが、問題はこの中華料理。まずいです。(笑)これは美味しい、というのが一品もない。おまけに旦那も娘もデザート類さえ手をつけようとしない。うんざりしているようだ。追加注文した飲み物さえそのまま。カニの卵を使ったフカヒレスープがついているのですが、メニューの種類もあまり多いとはいえず、そのメニュー自体がお粗末。ギョーザとか冷めているしって言うより、餃子があること自体がB級の雰囲気。飲茶メニューの1つ程度。炒め物も塩味がきつくて。エビチリに至ってはエビ自体が美味しくない。3人ともあまり食べない。景色にお金を払ったと思うしかないな。しかし、ホテルもよくこれで許しているなと思うほど。3人で16,000円ほど払って部屋に戻る。ちょっと腹がたつ値段。
地元の中華料理店なら半分の値段でもっと上等で美味しい中華が食べられる。ちょっと足を延ばして外のレストランに行けば良かったと後悔。
明日の宮島に期待しよう。
着いた頃はまだ曇り空。夕方には少し晴れてきたのですが。
これは部屋から見える景色。
a0027555_1111273.jpg


部屋よりはるかに美しい瀬戸内海の景色が見られた中華レストランからの写真を提供したいところですが、撮影しようとすると例の二人がやめろ!という。他の客の邪魔になるからというのだ。うーぬ、こんなまずい料理で我慢しているのだから、撮影くらいさせろ!という心の中の叫びを笑顔で押し込めて、ああ、まずかった、高かったと叫びながら笑顔でホテルの部屋に戻りました。でもその後サッカーを観たからね。笑顔
by totorisu | 2010-06-28 01:06 | 旅とグルメ | Comments(2)

足立美術館

ツィッターで日本で一番外国人に人気の観光地というのを見かけた。その時はふーん、という感じ。
次に、テレビの番組でこの美術館というか庭園の様子と管理の様子を見た。おおー、行ってみたい、と思った。

今回そのチャンス。ちょっと遠いけどせっかく出雲まで行くのだから、ここは外せないだろうと。
宍道湖を遠目に、ってお天気のせいか予想よりもきれいじゃない。水も濁っている。気持ちは美術館へ。
しかし、遠い。高速道路を降りると、車はどんどんと田舎へ。大丈夫か?

ありました!観光バスも走っています。
人がたくさんいる一角。
庭の中には入れません。大きなガラス窓からの見学です。
最初に目に飛び込んできたのがこの景色。後ろの山々が借景になっています。
追加
ちょっとこの写真を見て。
同じ写真とは思えない。mamicha2さんからのプレゼント。
a0027555_857543.jpg


a0027555_911926.jpg


a0027555_8595937.jpg


a0027555_91597.jpg


a0027555_910323.jpg


a0027555_9115877.jpg


美術館の中には喫茶ルームとレストランがあります。落ち着いて豪華な雰囲気です。
ゆったりと椅子に座って、美味しい珈琲を頂きました。ここからも撮影が可能です。珈琲をかき混ぜるための竹炭のマドラーがついていて珈琲の味が一瞬でまろやかになります。
a0027555_9134911.jpg


このおばちゃま、ずっとこの場所から離れない。シャッターチャンスを待っていたけど、いい加減諦めて撮影。(笑)こんな風に窓からの景色は一幅の絵のようです。
a0027555_9153458.jpg


この奥に茶室があります。有料ですが、希望者にはお抹茶も。
a0027555_9173048.jpg


a0027555_9194415.jpg


a0027555_9234294.jpg


a0027555_9245422.jpg


この美術館のよいところは、庭を絵として、芸術品として見せようというところにあるようです。
美しい、お天気、季節によって様々に変化する庭、次は秋の紅葉の季節に是非訪れたいという気持ちになりました。芝生、砂、池にも一切のゴミや朽ちた葉さえありません。その美しさに本当に感動します。

それと今、特別に評判になっているので、観光客が押し寄せています。午後になると館は人で一杯になります。午前中の早い時間に、そして時間も余裕を持って行くのが良いと思います。
でないと全てを見切れません。
今、この美しい庭で評判の足立美術館ですが、横山大観の所蔵でも知られています。
※庭の写真撮影は自由にできますが、多の所蔵品の撮影は禁じられています。
by totorisu | 2010-06-26 09:32 | 旅とグルメ | Comments(1)

出雲大社へ

さて、温泉津温泉を発って、一路出雲へ。
予定は1時間半ほどで到着予定。

着きました。最初の鳥居をくぐって、これはいよいよ本殿に向かう鳥居。
早朝でまだ観光客も少なく、ピント張り詰めた空気が漂います。
a0027555_82726.jpg


と言ったが、この二人からはそんな空気は感じられないか・・。(笑)自由なお二人。
a0027555_8322181.jpg


本殿は改修中。75年ごとの遷宮の年に当たっているとかで数年後に遷宮の大祭があるとのこと。
a0027555_835018.jpg


右後方にあるベージュの建物の中に本来の宮があるのだそうです。
a0027555_835393.jpg


大国主命。うさぎが可愛い。(笑)
a0027555_8411458.jpg


娘は職場の友人へのお土産にお守りを購入。赤い糸と白い糸が入っているお守りをいくつか購入。そしておみくじへ。娘の階色が変わりました。な、なんと娘がひいたのは「凶」。家族全員へこみました。
今回の旅の最大の目的がここ縁結びの神、出雲大社だったのです。
そ、それが、なんということでしょう。(テレビ番組か!)
気を取りなおして、駐車したお土産屋さんで買い物をして、次の目的地へ。
宍道湖の南側を通って足立美術館です。北側だったら、一畑電鉄がみられたのにぃ~。
by totorisu | 2010-06-26 08:47 | 旅とグルメ | Comments(1)

初もの 山形のさくらんぼ

2週間ぶりの予定がない日。
久し振りに地元農協の直売店へ。山形のさくらんぼが美しく光り輝いている。
ええーい!と買ってしまった。

お皿大きいので小っちゃく見えますがかなり大ぶりのさくらんぼです。
これで200グラム。
a0027555_6505258.jpg

ウルトラくん、ちょっと待っててね、佐藤錦、もっと上等なやつを送ったからねえ。(笑)
by totorisu | 2010-06-25 06:51 | グルメ | Comments(0)

温泉津温泉(旅館ますや)

予定では出雲の近くの素敵な隠れ家的な一軒宿に宿泊の予定でした。
でも、旅行行程を考えるとマイカーでここまで行くのは無理、ということになり少し手前の温泉津(ゆのつ)で宿泊することにしました。
予約をしたのは築100年というかなり年代物の旅館。ネットの書き込みでは料理が美味いと評判の宿。
場所は石見銀山もほど近い海沿いの街。曲がりくねった細い道をはしると温泉街に辿りつきました。

玄関で気軽に迎えてくれるますや旅館のご主人。
雰囲気はまるで昔の旅館。下駄箱という感じの下足入れ。
玄関を入るとすぐにカウンター、奥の様子はこういう感じ。
a0027555_8182213.jpg


a0027555_8194834.jpg


2階の部屋に通されましたが流石に古い。(笑)置かれた机には。鳥かごは前のご主人の手作りだそうです。
a0027555_8232267.jpg


部屋の灯りはこういう感じのが2つだけ。明るい部屋という雰囲気ではありません。昭和の雰囲気というよりは大正という感じです。部屋の鏡台も年代ものです。娘はこの電球の消し方が分かりませんでした。
パパがこうやって消すんだよと、電球の傘の上にあるスイッチをひねると、おおーっと声をあげていました。
a0027555_8251567.jpg


旅館に着くのがおもったよりも早く、一番乗りだったようです。お客はまだどなたもいらっしゃらない。お風呂の準備はできているということで、すぐに温泉へ。
最初は竹酢の湯へ。とてもきもちのよいお湯でした。透明感があって、爽やかです。9時以降に元湯から引いた源泉とお湯を男女で交替するそうです。
お風呂から上がって夕食まで時間があるので、温泉町の散策。
お客さんにこびない地元温泉街のおばちゃんたち。写真を撮る人などいないのでしょう、おばばが写真を撮っていると嬉しそうな目でみていました。
a0027555_8322594.jpg


評判の藥師湯。このほかにも元湯という共同の浴場があります。そこもすごく古いです。
a0027555_8331632.jpg


温泉津には、手つかずの昭和というよりも大正の街がありました。石見銀山の世界遺産登録にともないこの温泉津も登録され、手が入れられなくなりましたと旅館のご主人がこぼしていました。そう、こう古いとね手も入れたくなるのはわかります。歩くと床が抜けそうで怖かったと夫が申しておりました。って大袈裟な。(笑)
ますやのホームページです。

さて、夕食です。
仲居さんが一品筒部屋に運んでくれます。
a0027555_8432679.jpg


お刺身の1つが何だかどうしてもわからない。聞くとアラの小さいのの刺身だそうだ。これは美味しい。
a0027555_8441654.jpg


いわゆる鯛のポアレ風。とはおっしゃらないが。(笑)ゴマ味のソースが美味。
a0027555_845099.jpg


アラカブの酒蒸し。新鮮です。
a0027555_8454573.jpg


揚げ物も熱々で出てきました。一品一品を熱々で部屋でいただきます。割子蕎麦。美味しい。
a0027555_8462783.jpg


じゅんさいが入ったお吸い物にランプが写り込んでいます。(笑)
デザートはメロンとびわゼリー。
この後、珈琲をお願いしたのですが、このお値段が300円と良心的なのにはビックリ。お酒は普通の旅館のお値段です。でも旅館の中に自動販売機もあるので、高いのが嫌な人を販売機のお酒もありかな。
お料理は少ないように見えますが、お腹的には満腹になりました。無駄のない、飾りもすくなく味付けは最高の料理です。見かけや量に惑わされない、質を実感できる料理です。美味しいとどの記事にも書いてあるはずです。

終わって、お風呂そばのロビーにある卓球台で温泉卓球を楽しみました。夫も娘も何十年ぶりかの卓球に笑い声が絶えない小一時間。もちろんその後に温泉です。いいお湯でした。翌朝のお肌もツルツル。
古い旅館ですが、洗面所とお手洗いは新しくてとても気持ちよく使えました。
朝ご飯。
a0027555_953060.jpg


金曜日の宿泊だったので平日料金ということで少しお安く泊まることができました。
さあて、これから出雲へ向かいます。
by totorisu | 2010-06-24 09:10 | 旅とグルメ | Comments(0)

まずは萩へ

旅の計画段階では、山口県の日本海側をドライブの予定だったが、このお天気。時間的に無理ということで高速道路を使うことに決定。
福岡は曇り空、山陰側に近づくにつれてお天気が怪しくなってきた。目的地の萩に着く頃にはぽつぽつと雨が落ちてきた。萩の道の駅にて。
a0027555_22432253.jpg

ここで萩出身の偉人などの情報を得て、市内の武家屋敷へ。
高杉晋作生家。
a0027555_2246359.jpg

塀に囲まれた武家屋敷の庭にはたわわに実る夏みかんの姿も。
家々を巡る細い水路というか溝。小さなカニが時々顔を出す。色が真っ赤なのが印象的。これは喧嘩を始めた2匹のカニ。右側のカニが左のカニを追い払った。
a0027555_22502784.jpg

萩は早々にすませて、海辺の道を一路温泉津温泉へ。
昼食がとれる場所を探すがなかなか良いところがみつからない。
いよいよ時間的にもう限界ということで、島根県益田市の海辺のホテル荒磯館というのをみつけて飛び込んだ。
http://www2.crosstalk.or.jp/araiso/
このお天気と平日のお昼過ぎ。誰もお客がいない。(笑)
海辺のデッキを独り占め。お天気がよければもっと良かったのだけど、贅沢は言えない。
流石に日本海側のお魚は美味しい。
a0027555_23174124.jpg


パパ殿はお刺身定食、山陰のお魚の新鮮さ。
a0027555_23321595.jpg


娘はエビフライ定食、お皿が豪華。(笑)
a0027555_2333952.jpg


おばばは三種丼?海鮮ミニ丼、天丼、イカ飯、どれもメッチャ美味しい。
a0027555_2346178.jpg


a0027555_2347291.jpg


益田を通り過ぎてしばらくしてみつけた風力発電の風車。海岸沿いにたくさん並んでいました。
九州では北部の島近くで数機しかみたことがないこの風車。これだけたくさん並んでいると壮観です。
続きはまた。次は温泉津温泉。
by totorisu | 2010-06-23 23:53 | 旅とグルメ | Comments(0)

朝ご飯 タモギタケ

先々週の金土日は松山の道後温泉へ。
そして先週から今週にかけて金土日と山陰と広島へ。

旅行の写真がたくさんあるのに掲載できないでいます。うーむ。

そいでもって今朝の写真は昨日の朝ご飯。
タモギタケってご存じ?おばばも初めてでした。
かなり栄養価の高いキノコのようです。

スープにしてみました。
とても黄色がきれいなキノコですが、熱を加えると白っぽくなります。
味はクセがなく食べやすいキノコです。

a0027555_7575955.jpg

a0027555_7595375.jpg


by totorisu | 2010-06-23 08:00 | 旅とグルメ | Comments(1)

ただいま!

昨日戻りました。

心配だったお天気も旅行中、大雨に降られることもありませんでした。まずはラッキーです。

一番印象的だった、足立美術館の日本庭園、枯山水の写真です。
a0027555_7303386.jpg


ここだけではありません。館内を回廊するかたちで、たくさんの庭園があります。
庭を鑑賞しながら美味しい珈琲が頂ける喫茶店やレストランも。ただ、コーヒーは最低1000円です。
入場料もかなりお高いです。
それでも、息をのむ程の美しさでした。前日の雨で緑も苔も鮮やかさが一層でした。
島根県の安来にあります。
by totorisu | 2010-06-21 07:34 | 家族ネタ | Comments(1)

明日から山陰と広島へ旅行

明日から三日ほど山陰・中国を旅行します。

だけど天気予報は雨。

古い旅館と海沿いのリゾートホテルを回って終わりになるのかも。
明日天気になーあれ!

パパどのの定年退職祝いで、娘と3人です。さあて、どうなることやら。
行ってきまーす。
by totorisu | 2010-06-17 23:05 | 家族ネタ | Comments(0)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31
題名で、インドカレーなら..
by mamicha2 at 15:49

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル