<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

佐賀バルーンフェスタ大失敗の巻

今日のバルーンは本当に素敵でした。

30周年記念大会ということで多くのバルーンの参加もあったのですが、やはりお天気。だから全てのバルーンが飛ぶことができたようです。
その後のファンタジアも見たかったのですが、明日の予定があるので、早く家に帰ってお掃除をする予定だったのです。

それで、1時間ほどみたあとすぐに駐車場へ。といっても河川敷で駐車場まではかなりの距離があります。そのためにバスが走っているのですから。でも、二人でテクテク運動と思って戻ったのです。

おばば「車どこ?」
おまぬけ旦那「たしかA-7だったと思う」
で、二人でそこら当たりを探しました。ありません。
小一時間ほど探して。歩き疲れました。(笑)
旦那「おかしいなあ、A-8かなあ」
おばば「そんなに遠くに?」
旦那「そんな甘いもんじゃない。確かここらあたり・・・」
ありません。
旦那「確かここのトイレを使ったから覚えているんだ」
え?おばばはA-6方向を探しにいくことに。トイレというからその周辺、反対側も。
おばば「あったーっ!」
携帯で連絡です。
よかったよかったといいながら次に帰る道を模索、こっち側よねたしか、ここわたるの?
ちょっと待って、行けそうにないから降りて確かめる。
とおばばは車を降りて、確かめました。なんとか通れそう。
おばばゴーサイン。

なのに、車が止まりました。タイヤが空回り。かなり深く溝のようにえぐれていました。
バックで。同じです。タイヤが焦げるようなにおいまで。
仕方なく係の人を探しに。
通りかかった車が止まって、手伝おうとしてくれますが、ああ、これは無理だなと。(笑)

呼びに行き、小一時間。
係の人、それも屈強な男性が4人。
「ああ、ここ、さっきもやったんだよな。コーン置いとかんといかんな」
手際よくタイヤの下に砂を撒いて。あ、そこに準備してあったんだ!
バックに入れて一気に押してくれ、1回であがりました。
めでたし、めでたし。とおばばは思ったのだけど、旦那はかなり怒っていました。
車の轍があったから通れると思ったと。
おばばは心の中で自分の判断ミスを反省していました。
a0027555_23562447.jpg


a0027555_23565574.jpg

by totorisu | 2009-10-31 23:57 | 家族ネタ | Comments(4)

佐賀バルーンフェスタ2009

朝6時に出たのですが、高速は快調に。でも嘉瀬川の河川敷の近くに行くに従って渋滞。
おまけに駐車協力金が1000円。高い。笑

天候がすばらしく、一斉に気球が飛び立つところは初めてです。a0027555_1163362.jpg

a0027555_11717100.jpg


a0027555_117436.jpg


最後の方に飛んだ1つの気球は先日の豪雨による高速道の土砂崩れで亡くなったご夫婦の追悼のバルーンでした。
感動して帰って来ましたと言いたいのですが、それまでにいくつかの事件がありました。また。
by totorisu | 2009-10-31 11:08 | 旅とグルメ | Comments(1)

福岡タワー

時間が空いたので、福岡タワーに登ってみました。
カメラを忘れたのが残念。

携帯で撮影。
シーホークです。

福岡タワーは登るのに800円かかります。
だけど、たまには120メートルの高さから見る博多もいいもんです。

煙霧が残念ですが。
a0027555_2114278.jpg
by totorisu | 2009-10-30 21:03 | おばば | Comments(0)

立花町

来年は八女市に合併予定の町、立花町に行ってきました。

おばばはこの町が大好きです。のどかで、フルーツの栽培が盛んで。
そして人の気持ちが穏やかというとなんだか偉そうにと思われるかもしれませんが、本当にこの町の人は優しいなあと感じることが多いのです。

そこで要約筆記を。手書きです。手書きOHPでの要約筆記はこれが最後だろうなあと思いながら。というのも合併すれば八女市の派遣となります。ということは、次回からはパソコン?
写真は透明ロールに書いた予定原稿。かなりの量書きました。こうやって広げているのはマジックインキの乾燥を待つため。
a0027555_720785.jpg

で、終わっての感想は、いやあ、手書きはやはり大変だということ。

帰り道、道路沿いに無人販売のみかんをみつけて。購入。200円。
a0027555_7203483.jpg

小粒だけどとても甘いみかんでした。
by totorisu | 2009-10-30 07:23 | おばば | Comments(0)

せりほん菜の一夜漬け

昨日の記事の「せりほん菜」のお漬け物、できました。

早速味見。ピリッとした辛みがあって美味しい。これはいいな。だって100円で量もあるし。(笑)
山汐菜かからし菜といった感じです。農協のおばちゃんは、「こっちが美味しいよ。最近あまり手に入らないからね」とおっしゃっていました。

食が進みます。
a0027555_724796.jpg
by totorisu | 2009-10-28 07:25 | グルメ | Comments(0)

せりほん菜?

久しぶりに1日家にいます。

午後、近くの農協の直売所に行き、蘭の花、ワケギの苗と「せりほん菜」を。せりほん菜?
これたくさんで100円だったのです。それに簡単にお漬け物にする方法が値段札の隣に書いてある。

家に帰って早速。洗って水が少し残る状態で塩を振り、ビニールに入れて揉む。揉んだら空気を抜いて重しをしっかりして1日。それで美味しく食べられますと。

やってみました。
a0027555_18445135.jpg

重しはこれ。ハインツの1.25キロのでっかいケチャップ。
下のお皿は大皿なんです。
a0027555_18453017.jpg

明日が楽しみ。
by totorisu | 2009-10-27 18:49 | グルメ | Comments(0)

耳マーク

今朝の読売新聞(九州版か福岡版だけかな?)に耳マークについての記事がありました。

数年前地元で難聴者の方と一緒に、この耳マークを設置してもらおうと銀行を回ったことを覚えています。その時の反応のとおりにシティ銀行は2何前から置いていますと。福岡銀行は最近のようです。あの時の対応に出てきてくださった担当者の反応通りでした。

こうやって新聞が大きく取り上げると皆さんのご要望に応じて置いていますよ、って感じですが、お願いに行った時は、この銀行だけの判断ではできないと半ばお断りの回答でした。
では本社にあげてその結果を教えてくださいとお願いしてその場をあとにしましたが、その後全く連絡はありませんでしたね。難聴協会にも。

ま、なにはともあれ県内の2銀行がこのように置いてくださったというニュースは嬉しいことです。
a0027555_963022.jpg

by totorisu | 2009-10-26 09:06 | 要約筆記 | Comments(2)

道後温泉(松山)

行ってきました。道後温泉。
でも温泉には入ってません。(笑)直行直帰の度ですもの。

ぎりぎりの時間の飛行機に。小型機なので左右に2席ずつ。縦もざっと見渡せるほどの人数。満席です。通路側の席だったし、窓も小さめなので外の景色は見えない。

松山空港からはリムジンバスで。バスが既に待っていたので発車時刻を確認すると、予定は何時だけどその時間に発車するかどうかはわからないと。うん?お手洗いに行く時間はありますか?と聞くと、行ってらっしゃい。待っていますからと。親切なんだかのんびりなんだかよくわからなかったけど、おばばとしてはありがたい。

30分遅れで会場に到着。そろりと会議室に入る。

目的の話しあいが終わったら、さあこちらの時間です。別な委員会との大事な会議がある幹部を会場に残していざ街へ。大街道だったかなそこのラフォーレという大アーケードの商店街で安くて美味しそうなお店を探す。って初めて来て分かるか!(笑)

入ったお店、地の料理もあって美味しかった。入って左側、居酒屋チェーン店の2階でした。
2時間後、残った組も合流することになり、新たにお店探しを。1階でトイレが広くてなどといいながら探すけれどもなかなかない。やっと1階は満員なんだけど、お客さんが2階に移動してくれるというお店を見つけてそこへ。「四国三郎吉野川」。ここも美味しい、だけど前のお店よりもちょっと高め。松山の夜の繁華街って中州のようです。人がいっぱい。
立ち飲みで、博多の屋台のように椅子とテーブルを外に出している若者が一杯のお店にはびっくりだった。

翌日も朝9時半から会議。ホテルはJR松山駅の近くなのですぐに出発。市街電車に飛び乗る。会議の前に道後温泉のあの本館だけはこの目で見たいと。
a0027555_6575848.jpg

道後温泉駅を降りたらすぐでした。
a0027555_6584538.jpg

ここが入り口。早朝なので朝湯のお客が沢山あるいています。
a0027555_659592.jpg

観光案内地図やパンフレットの写真はこの入り口のところだけのが多いでしょう。大きさを知らなかったのです。すごく大きな建物なのですね。裏側に回って撮影。屋根の上には鷺とその下に太鼓が。朝6時にこの太鼓が6回打ち鳴らされるのだとか。
a0027555_6593273.jpg

帰りの飛行機の時間が早いのしかとれなかったので、早めに会議室を退出。
会場の写真でも撮っておこうとカメラを出したところに、あれ?
なんだか黒っぽいものが近づいてきた。ああ、これが例の坊ちゃん電車。車掌さんらしき人達のノスタルジックな制服が印象的でした。おお、かっこいい。
a0027555_6595975.jpg

偶然見ることができましたが、日頃の行いがいいからこういう偶然があるのだと、自分をほめて帰宅。また飛行機が遅れる。こんなに待つのならもう少し会議に残れたのにと思う。
by totorisu | 2009-10-26 07:11 | 旅とグルメ | Comments(0)

明日から松山

松山行きと言っても一泊二日、直行直帰の度です。

たぶんどこも見学せずに、長い会議の終わりに居酒屋なんかでちょっと飲んで、ホテルで爆睡。翌朝9時から延々と夕方まで会議。飛行機で福岡へ。

なんだか味気ないというか、さびしい松山行き。おばばは松山は始めてなのにとても残念。ま、しかたないか。会議と会場の確認にいくのだからね。ひめぎんホール、来年6月の全国大会の会場です。

それにしても眠い。今週は一日も休みがない。先週からずっと続く予定。2週間のうちに講師担当が3回。これが疲れの原因。もういい加減にしなければね。ふぅ~。
by totorisu | 2009-10-23 21:44 | おばば | Comments(3)

南田洋子さんの訃報を聞いて

南田洋子さんといえば、両親が連れて行ってくれた銀幕のスターだったこと。

その後、身近に感じたのはテレビの音楽番組での夫婦での司会。

しかし、彼らは仮面夫婦だった。夫婦という名前はあるが生活も全て別で仕事上での夫婦という名前でしかなった。これは彼女の長い間の夫とその家族への介護や借金問題によるものだった。

彼女は認知症になり、長門も遊びがだんだんできなく年齢にもなった。そこで彼は、自分の存在価値を妻の介護という人様の同情をかい、プライバシーの切り売りのようなことで世間の耳目を集めるようになった。

おばばは、腹が立つ。南田洋子という華やかで賢くて強い女性の最後をこのような悲しい現実で見せられる。若い頃の南田を知っている人には、目を覆いたくなるような表情や姿を見せられるのだから。
長門は「どうだ幸せそうだろう」といわんばかりの口ぶりで話しをしていたが、本人は本当に幸せだったのだろうか。それほど嬉しそうな顔には見えなかったし、猜疑心、懐疑的な表情に見えた。
あのテレビにうつる長門の悲しい言葉、涙もおばばには全て演技に見えてしまう。

世間の人は、酒井法子には偽りの涙というのに、どうして長門の涙に涙するのだろう。不思議だ。

追記
そう、思い起こせば長門は自分が関係を持った女優さん、それも現在活躍中の独身女優のことを実名で出したことがあった。お金のためか出版社の籠絡のことばに載せられたのか。どちらにしろ軽薄のそしりは免れない。
by totorisu | 2009-10-22 08:44 | おばば | Comments(2)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31
題名で、インドカレーなら..
by mamicha2 at 15:49

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル