<   2006年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

留守しまーす。

3日間ほど、留守をします。
今回は大分行きです。コメントは読めますので、よろしくね。家族の目線が冷たい。トホホ

※3日間でかけるのに全くなにも準備ができていない。電話には留守録の合図の光がピカピカしたまま。心が痛む。討論集会の原稿もまだ。ああ・・・・。で、個人的にし残したことが山のように溜まっていく。心が痛い、身体が痛い、財布が痛い。歯がいたーい!
by totorisu | 2006-09-29 06:02 | おばば | Comments(2)

娘がニコニコで帰ってきた・・・何故だ!

我が娘はだいたい不機嫌な顔で毎日お帰りになる。仕事がかなりハードなこともあるが、理想と己が実力に少々の乖離があるためではないかとおばばはにらんでいる。笑

ところが昨日、迎えに行った私に笑顔を向けた。おや?なぜ?どうした?へたに何か言ってまた不機嫌になられても困るので、触らぬ神にたたりなし。いつもとちがって娘の口が軽い。

娘「今日、ものすごく可愛い女の子がお店にきてね」(おや、自分から話しかけてくるとは珍しい)
我が娘は保育園の先生になろうかと言うくらいにもともと子ども好きなのだ。だが、最近は小さい子がお店で走り回ったり、ガラスのグラスを割ったりということで、警戒していたはず。
娘「聞いて聞いて、お母さん」
はい?
娘「小学校にはいる前くらいの女の子がね、おかさんに手を引かれてお店に入ってきて、何かお母さんに囁いていたのよ。あんまり可愛い子だったからじっと見ていたのね」
フムフム
娘「そしたらね、お母さんが子どもに、言うのよ。そういうことはおおきな声で言いなさいって。でね、何と言ったと思う?その子が大きな声で」
何と?
「あのお姉ちゃんきれいねえ
笑 そりゃ、機嫌よくなるよねえ。アッハッハッハ
人生いきてりゃ、たまーにいいことあるね。嬉しかったでしょう。
娘「うん、近づいて行って、抱きしめて、めちゃめちゃグリグリしてやりたいくらいだった」
by totorisu | 2006-09-28 20:05 | 家族ネタ | Comments(2)

日田と言えば三隈川、といえば?

もちろん鮎です。この時期はそろそろ落ち鮎の時期。美味しい脂ののった鮎が頂けます。
ということで、日田の鮎やなの側のお店に。
最近の台風やなにかで川の水量が多くて、鮎やなもいつもの風情とはちと違う。大量の水が押しよせてきて、鮎があがってくる状態ではないけれども、その雰囲気はたのしめます。中央の箱の中には鮎が3匹入っていました。
a0027555_1231941.jpg

鮎簗(やな)
a0027555_12322068.jpg

河原のテント張りのお店で、高級ではない鮎料理を楽しめます。笑
もちろん使っている鮎は大きくてサイズがそろっているので養殖だろうなというのは否めません。しかし、この大きな塩焼きが1ッ匹600円から。格安です。
a0027555_12295796.jpg<
br clear=all>
焼き上がるまで時間が掛かるので、まずはビールと鮎ご飯を注文。鮎を混ぜ込んで炊いたご飯ですが、味があって美味しい。たくあんが二きれついているだけ。350円だったかな。
a0027555_12363080.jpg

今回は初めてですが、棒についたままの鮎にかぶりついてみました。ちょっと熱いけれども、直ぐに冷めさます、香ばしくて美味しい。こういうのって、やはり河原のお店ならではの醍醐味ですよね。新鮮で安くて豪快で。
ごちそうさまでした。満足。
by totorisu | 2006-09-26 12:39 | グルメ | Comments(6)

朝倉の三連水車

秋の稲穂の実りとともに、役割をそろそろ終える水車。先日の台風以来の水量で勢いよく回っていました。
この三連水車の回りは観光客で一杯なのですが、その先に2連水車がまわっていても誰も近づかない。不思議です。笑
a0027555_22241261.jpg

これは裏側からみた三連水車。また風情が変ります。
a0027555_2225928.jpg

これが1人寂しく回っていた2連水車。こちらの水量のほうが多いのですね。
a0027555_22263999.jpg

ここから田んぼの中の道を歩くと、養蜂園の裏の庭に行きます。沢山の枯れた蓮の中に、蓮のみがちらほら。畑で作業をしている叔父ちゃんに声をかけたら、わざわざ水の中に入って蓮の実をとってくれました。それが、この下の記事にある栗の実の横にある緑色のやつです。
柿は1袋200円。6個入っていました。
いつも思うのですが、朝倉はいいところです。道路の脇には沢山の柿の実がたわわに。この養蜂園の近くに香魚というドライブイン風の店があるのですが、ここは鮎が安くて美味しいですよ。鮎の養殖と卸しの店で福岡県内の鮎はほとんどここから出荷されます。昔取材したことがあるのでこれは事実です。笑
by totorisu | 2006-09-24 22:35 | 旅とグルメ | Comments(5)

浮羽のつづら棚田

今日は要約筆記の派遣は入っていなかったよねとあちこちに携帯で連絡をいれている私の目の前に、着替えた旦那が現れた。「さて、行こうか?」
そうだ、昨日の夕刊をみて行きたいねと言う話しをしていたのだった。向かうは浮羽のつづら棚田。朝8時前に出発。今日は彼岸花めぐりのお祭りの最終日。さぞや人が多かろう。
みてみて!これよ!もう息をのむほどのきれいさ。
くっきりはっきり写らない、イヤ決して私の腕ではなく、デジカメの機能が衰えているのだ。
a0027555_14165212.jpg


a0027555_14172317.jpg

a0027555_14174566.jpg

もう、ことばはいらないね。
つづら道の上の方に黄色いミニローバーがとめてある。あらんJーマッチさんと同じ車だわ。今日は撮影には最高の日、帰ってメールしてあげようなんておもって。パチリパチリとやっていたら、そのJ-マッチさんが目の前に現れて、サプライズ!まさか、だった。
しかし、この風景、ことばはいらない。是非都合のつく方はこの2.3日の間に行くといいですよ。最高です。
おまけの写真。
a0027555_22164225.jpg

景色を写真に切り取るととてもきれいに写るので、実際の場所に行くとがっかりということはよくあります。しかし、ここは現地に行ってみることをお奨めします。奥行きや距離壮大さで圧倒されます。珍しく夫から「癒される」ということばを聞いたくらいです。
帰りに焼き栗を買いました。市販の甘栗とは違って、普通の栗の大きな実。ほかほかの栗の味わいです。それほど甘くはないのだけど、美味しい。1袋1000円というのはちょっと高すぎ。
a0027555_22144175.jpg

ほんものの写真を見たい方はこちらへ。
Jーマッチさんのブログです。素晴らしいから是非。
by totorisu | 2006-09-23 14:24 | 旅とグルメ | Comments(12)

雪舟といえば

下の記事の「借景」で思いだした雪舟であるが、今年没後500年とかで記念のイベントなどが行われているらしい。おばばは、雪舟に詳しい訳でも研究している訳でもない。知っているのは、叱られてお寺の柱に縛られているとき、足の指で床にネズミの絵を描き、そのリアルさにお寺の和尚が驚いて腰を抜かしたという話し程度のもの。

その雪舟が自ら作ったという庭の案内板が山国町にある羽高棚田の近くにあるということで訪ねた。細い山道、不安になるがのぼり続けていると、農作業をしているおばさんがいる。ここで聞いてみようと車を止めたら、案内板があった。え?ここなの?
奥さんに聞いてみた。
「はい、いいですよ。家です。」
「見ていいのですか?観覧料とかは?」
「そんなものいりません」
a0027555_13434545.jpg
母屋の裏側の庭に案内して下さった。手を全く入れないようにしているという裏庭がその雪舟庭(吉峯庭園)。側には樹齢500年という金木犀がありそこはかとなくよい香りがただよう。
a0027555_13495113.jpg

a0027555_13471358.jpg

秋になると紅葉が素晴らしいのだそうです。そしてこの庭園の石から覗く鷲岩の風景をいたくきにいっていたのだとか。
a0027555_13534184.jpg

a0027555_13541164.jpg

by totorisu | 2006-09-23 13:55 | 旅とグルメ | Comments(0)

すてたもんじゃないぞ要約筆記者

どうしても費用が出せない、交通費さえ出せないという仕事が入ってきた。
利用者のことを考えるとなんとかしたい、して上げたい。おばばは協力できるが、1人だけでは無理。最低2人必要。1日や2日ですむことでもない。
おまけに、その内容が結構難しい可能性がある。力のある要約筆記者でなければならない。
ということで、当たって砕けろだ、最初からポイントを絞って声をかけてみた。もちろん実力が伴う人に。すごいじゃないか、1人も断らない。最後の1人が何となく積極てきではないなとは感じたが。ま、いいか。最初の人間で出来れば依頼しなくても済みそうだし。さあて、腕まくりだ。
こんな時に本当のボランティア精神というものが見えてくる。

その前に派遣担当のところにも確認の電話をいれておくこと。これを忘れちゃならねえ。
by totorisu | 2006-09-21 22:49 | 要約筆記 | Comments(0)

こ、こ、小泉首相いや前首相が、ハ、ハゲ

ネットニュースの写真を見て呆然。
「ああ、最後の最後に気がゆるんだのね、とうとう禿げが写真に撮られてしまったのか、うーむ、こういうこともあるもんなんだねえ」と去りゆく人におばばの心は哀悼いや、死んでねえって。

いえいえ、いやはや、そいでもって、これはブログに書かにゃーならんと思うわけよ。思うでしょう?思います。笑
で、その写真がこれです。
a0027555_91042100.jpgねね、気の毒にあのシャレ男が。あのへんてこなヘアースタイルも全てこの禿げをかくすためだったのねとひとり納得。しかし、ここまで禿げちまうなんて、首相という座の見えざる苦労と権力争いのすさまじさなんだろうねえと同情しきりのおばばでした。

と、ところが、写真を拡大してみたところ、こ、こ、これは!
雪舟もビックリのな、なーんと「借景」、イリュージョンだったのです。
皆様、お騒がせいたしました。といいながら、なーんだと、いささかがっかりのおばばです。
ヤフーさん写真拝借してごめんなさい。
by totorisu | 2006-09-21 09:16 | おばば | Comments(4)

お彼岸前に

もうすぐお彼岸、大分県宇佐市の田舎にある実家のお墓のお掃除に行ってきました。行くとちらりと父に言うと、嬉しそうに僕も一緒に行こうかなという。おいおいそんな調子の悪そうな様子なのに、大丈夫かよ。無理だ。と思って一人で。

出たのは良いが、途中で地図を見ると福岡県地図、あっ大分県は載っていない。笑 ま、何度も行っているのだから、大丈夫だろうと思ったのが甘かった。まずは、日田市街に入り込んでしまい、嶋屋の前でとうとうお巡りさんを見つけて、中津方面に抜けるには?と訪ねる。
若いお巡りさんで、「奥さんね、この路を・・・」と言われて、ああ、奥さんと言うのかと妙に感心。だって、いつも名前でしか呼ばれないから。笑

今度は中津で迷った。笑 あちこち訪ねてやっと到着。きれいにお掃除をして、お花を飾って、お水とお酒と朝淹れたコーヒーを供える。よし、これで一安心。

帰りに耶馬渓の近くにある210号線沿いにある道の駅のようなところで休憩。お店を覗くと何故か魚屋が多い。何で山の中で魚屋なのと思いつつ、コーヒーという案内に誘われて道を挟んだ反対側の「しゃらの木」というお店に。
手作り風の小さいお店。コーヒーを注文すると「小腹が空いていませんか?」と感じの良いご婦人がおっしゃるので、では「おやき」を一つ。サツマイモと林檎とレーズンにシナモンであじつけというのを選ぶ。
薄目だったと気にしながら出してくれたコーヒーは水が良いので香りが違う。おやきは皮も餡も美味しい。店内をみまわすと、セット400円の案内が。安い!となりのビーフカレーセットも600円。どちらもコーヒーまでついてこの値段。
a0027555_7165245.jpg
カレーとお焼き2個とコーヒーがついてだよ。
これがお焼き。「七転お八起」と書いてある。
相変わらずのピンボケ写真だな。よこにあるのは、コーヒーが薄かった申し訳ないと出して下さったきゃら蕗、これも手作りだそうです。このあとチョコレートもつけて下さった。笑
a0027555_7204741.jpg
帰りには、気をつけてと外まで出てきて見送って下さったオーナー。
a0027555_7115521.jpg
ちなみに向かいのお店群とこちら側では水が違うのだそうだ。向こうは水道、こちらは汲み上げ水と。ふーんそうなのか、とあらためて聞かなきゃわからないことってあるよねと。
場所は、中津市耶馬渓町柿坂「しゃらの木」 水曜日が定休
お焼きは全部この奥さんの手作りで、全て1個100円です。
これから栗のシーズンになるので、栗餡のお焼きも登場するそうです。お奨めです、是非お立ち寄り下さいと宣伝をしておく。笑
a0027555_7375034.jpg
by totorisu | 2006-09-20 07:33 | グルメ | Comments(3)

アダルトな胃痛?

昨日は敬老の日、娘は仕事、旦那は出張帰りで疲れていると逃げるので、おばばは一人で実家へ。もちろん旦那様からの鹿児島お土産の薩摩ラーメンや黒豚の角煮と生の「げんたんは」持参で。

父は体調が悪いらしくて、母が父の腰をさすっていた。さあ、おばばの出番。腰をさする?いえいえ明るい話題と、お掃除その他のお手伝いで、寂しい家の中を騒がしくするのです。父の調子もだんだんよくなってきて、二人に笑顔。ほっ!やはり、病は気から、でもないか。笑

夜帰宅すると、旦那が胃が痛いと胃薬をのんでいる。顔色もさえない。夕食は途中で私が買ってきたお総菜とお弁当類。胃が痛い時に申し訳なかったと思いつつ、これから作る気力は、おあばにもない。(何て奥さんだ!)
少しだけでも、一口でも食べておかないと体がもたないよとかなんとかなだめつつ、お弁当を口に入れてもらった。僕は早めに寝るよと、自分の部屋に行くので、大丈夫なの?とついていくと、「ちょっとこれなんだけど・・・。」なに?
パパどのが差し出したのは、我が家で一番新しいノートパソコン。
「アダルトサイトの・・・・」ヌヌ、胃の痛みの原因はこれか、内心おかしさで笑いだすところだけど、真面目なだんなの面目を潰すわけにはいかない。真剣な顔で、え?映画をみたの?
「見ていないよ、探していて、イエスをクリックしていたら突然これが出てきて消えないんだよ。あらゆることを試したけれどもダメだ」
最近ギャオの映画にはまっていたのではあるけれど、あれは無料だからね。他のところにも手をだしたのか。無料のところにしておい下され。

画面には、例のお誘いの顔をした女性の写真と請求書の文字が。暫くすると消えるのだが、また出てくる。請求金額も4万円。お金はどうでもいいが、おばばが要約筆記をしているときにこれがでてきちゃたまらない。笑
消えるよ、操作で。といいつつ、消えない。

翌朝、ネット履歴を消す操作をしてみたら消えた。良かった。すぐに旦那に電話。一件落着。請求書、くるかな?笑 放っておこう。
by totorisu | 2006-09-19 08:40 | 家族ネタ | Comments(5)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

おおおお! お元気です..
by totorisu at 23:26
規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル