<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

福岡県内の全村制覇を狙っていたら・・・・

さて、今日はどの地区の担当になるのかと待っていたら連絡がない。
およよ、間に合わないぞと思い電話をしたら、「意見が通じないからいいです」と電話を切られた。どういうこと?意味がわからない。
ま、いいか、言っていることが理解できない。あまりに理不尽な行為を目の当たりにすると怒りもわかないね。笑

More
by totorisu | 2006-08-31 09:32 | 要約筆記 | Comments(2)

福岡県全村クリア!

全村クリア!というのはちょいと大袈裟なんだけれども、これから赤村をクリアすればどうもその予感。
昨日訪れた矢部村の役場の玄関前に貼ってあるポスターの紅葉と霧氷の写真に感動。星野村から矢部村に抜ける道で迷い、谷下で作業をしているおばちゃんを見つけて、この道は矢部村にいきますか?と聞くと。ダメダメ、役場まで戻れと。笑 で、会話をしながらおばちゃんと私の視線の丁度合間、谷の斜面にヒゴタイの花が。おお!実物発見。聞きました、おばちゃんに。これはもしかしたらヒゴタイの花ですか?と叫ぶ。「そうたい」うーん、感動。
村役場の職員に、山越えの道を教えてもらった際の「迷いそうな道ですか?」「うん、迷う」という確信に満ちた返事が思い出される。今、実証していますと頭の中でお返事。笑

何度も何度も道を間違えたかと思うほどの、狭くて小さくて、ちょっとのミスで谷底に落ちてしまいそうなところを地図を頼りに進む。この緊張の連続で今朝は首が痛くて。笑 所々で林野庁かなにかの特別装備の男性達が作業をしているところがあり、我らの車を物珍しそうにみる。それほど人の姿さえないような山道だ。

たどり着いた役場の担当の青年がどこも頼もしい。なんだか訪問の結果が見えるようで嬉しい。高齢者、おばあちゃん達も、町の説明会や講演会に文字があると喜びますと伝えると、彼らの目が輝くのだ。村の現実か。笑 いやいや福祉への目が確かなのだ。笑
星野村のお茶饅頭が月曜日はどこもお休みで買えなかったのが残念でした。だんなとまた行くぞと決意。
で、写真を撮る余裕なし。
by totorisu | 2006-08-29 09:49 | 要約筆記 | Comments(7)

東峰村へ

今日も自立支援法下におけるコミュニケーション支援事業の充実を求めて、福岡県中東部の山の中にある、東峰村を訪問。旧宝珠村、小石原村などが合併して東峰村となっているようです。
村役場とはいえ結構立派な建物で、村役場の職員さんは背広ではなく作業服を着ている人の方が目立ちました。

こちらの要望を丁寧に聞いてくださいました。まだまだ手話通訳も要約筆記も派遣していないということでしたので、文字による情報は、高齢難聴者にも有用ですと説明をしました。
ノートテイカーの様子。
a0027555_218556.jpg

説明途中に村の防災通信関係なのでしょうか、役場内にアナウンスが流れました。「緊急一斉ファックス通信をながします」というもの。へーそういう伝達方法があるのか、これは難聴者には便利だなあと思ったことです。
それと役場の中にこのような電光掲示板も設置されていました。
a0027555_221662.jpg


おまけ
by totorisu | 2006-08-26 02:26 | 要約筆記 | Comments(3)

誹謗中傷は嫌だけど、質さねばならないこともある

昨日、地元県の東部から北部へかけての市町村行脚をいたしました。

今年の10月から地域生活支援事業がはじまります。その中にコミュニケーション支援事業がある。要約筆記派遣事業も必須とされています。このことに県内で漏れがある市町村を出してはいけないという一念での、ボランティ的な訪問でしたが、ある町の担当者の扱いは、悲しかったです。8市町まわって、本当に嫌な思いをしたのはこの町だけでした。他の担当者の方々、課長自らお話を聞いて下さった市町村の方々などなど本当に感謝と御礼を申し上げます。そして、

その町の担当の方へ、再度のお願いです。
難聴のこと。中途失聴者のこと。人工内耳のこと。要約筆記のこと。要約筆記で書いたものは記録ではないこと。難聴者はその場だけでは、記憶に残りにくいことから、書いたものを自宅で再チェックすることもあるのだということ、などなど。
地方行政福祉担当者としての知識の一部に入れて頂くことを要望いたします。

「こういうことを記録されては困る.その紙をいただきたい」と難聴者から情報をひっぺがしたその女性担当者がおっしゃるには、「私は何も言えない。上司に報告するだけです」。だったら、電話でその上司に直接お伝えしたほうが、より効果的ですね。
「ここで結論は言えません」。わかっています、全てのことは議会または条例作成過程においてのこと。そんなこと百も承知です。ただ、担当者の方の理解を求めての活動でございますのよ。
この担当と言われる方は、何を担当されているのでしょうか?
単なるメッセンジャー?ニコリともせずに、カウンター越しに、「上司に伝えます」の一点張りを実行するだけ?もしや、その上司とやらは、そこに見えて居るあのお方かしら。この距離ですもの、聞こえないはずがない。でも知らんぷり。
聞こえていないのは、君たちの耳だ!
by totorisu | 2006-08-23 10:19 | 要約筆記 | Comments(8)

みっともないから止めて!オリンピック候補地

先ほどテレビのニュースを見ていたら、福岡市長がなんだか怒っている。どうも、東京と争っているオリンピック候補地の旗色が悪くなりそうなので、選考委員会は正当な判断をと言うことらしい。

しかし、ここへきてみっともない。福岡県民は最初からなんで?と思っているのだから。
どうせ、あの不正疑惑、収賄疑惑?ではなくて、あのおかしな福岡市が多額の公金を支出して批判され、訴えられた埋め立て地。あの後始末をオリンピックの候補地にすることでうやむやにしてしまおうという魂胆がみえみえですもの。

「東京は不利なことは言っていないじゃないか。福岡は不利も全て公開しているのに」と市長が公共放送で訴える。そんなに不公平って、なんだかやだねえ。いいじゃないの、負けたって。それよりも何があっても正々堂々としていて欲しい。相手の悪口言いまくるなんて、福岡市民、福岡県民感情にはそぐわないですよ、市長さん。
私ら別に東京で開催されたって全然かまわないし、反対の市民や県民の方が多いのでは?
by totorisu | 2006-08-21 18:56 | 時事 | Comments(3)

お盆も無事終わったと思ったら今度は台風

皆様ご無沙汰いたしました。
実家でお盆を過ごすというより、全面的なお手伝いで疲れ果てていました。笑
今年も沢山お花を飾って。(少なめです。母が水を取り替えるのが大変なので少なめにしろというので)
a0027555_835754.jpg
今回のお盆で感じたのは母が精神的に相当まいっているということ。こないだの父の病気の事件で、自分は何もできないと感じたようです。それで私に側に居て欲しいと。うーん困ったなあ。
いいよ、いてあげるよと言いたいのだけど、そうもいかなくて。さて、どうしたものかなあ。

それはさておき、台風がやってくる。変な台風で、この進路だと大丈夫、それるとたかをくくっていたら、なんとどうも頭上を中心が通過しそうな雰囲気。でも暴風域はないということなので、ちょっとは安心なのだけど。ベランダの細かなものを片づけて。外出もままならない。

ということで、皆様いかがお過ごしですか。
by totorisu | 2006-08-18 08:10 | おばば | Comments(11)

日本は平和過ぎるのか

おばばは考え込んでしまった。あちこち検索をしていて見つけたのがこれ。

子ども見学デーにおける「早寝早起き朝ごはん」運動イベント「早起きをして、親子で一緒に
会社出勤!」の開催について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/18/08/06080401.htm

おばばの世代としては、天下の文部科学省とこのイベントのギャップにシナプシスが働かなくなってしまう。この程度の方がいいのかしらん。クスリと笑ってふーむである。中央省庁のイベントなんですからね。こちらの田舎でも文部科学省の予算でやってもらいたんもんだなーんて言わなぬがはなか。
by totorisu | 2006-08-08 16:24 | おばば | Comments(2)

ホテルの朝ご飯

東京、水道橋のグリーンホテルです。
今回はJR九州ジョイロードの東京ビジネスパックを利用。大阪なら新幹線もありだけど、東京は航空機と決めているおばばも流石に今回の料金には青くなった。夏休み期間って高騰するのねえ。最近は、格安だとかバーゲンだとか、バースディサービスとかもろもろのサービスがあるでしょう。だから、本来の料金を見失っていました。航空運賃の基本料金って、あってないようなものだとばかり。今回その金額を思い知らされました。
ということで、長時間乗車覚悟で、新幹線だったのです。が、お尻が痛い!笑
朝5時20分に自宅を出て、東京駅についたのが、12時過ぎ。

新幹線の中では、お隣に座られた神戸のご婦人とおしゃべり。楽しい時間を過ごすことができましたけどね。その方は、本の読み聞かせとか朗読劇などをなさっている方で、年齢も同じくらい。もちろんおばばよりもずっとずっと素敵な雰囲気でしたが。新横浜で降りられたのだけど、その時のお別れのセリフは「もう、二度とお会いすることはないでしょうけど、楽しい時間でした」と。大人あっ!って感じでしょう。

あっ朝ご飯の話しでした。

グリーンホテル系列に宿泊するのは2回目。少ないのです。朝ご飯はこれ。いつもは和食なんだけれども、コーヒーがどうしても飲みたくて洋食に。スクランブルエッグがイマイチだったなあ。重いのです。生クリームとかの重さではなくて、これ、コーンスターチか何かがはいっている?という食感。洋食の場合はスクランブルエッグかオムレツというのは命です。これが美味しくないとねえ。
a0027555_78186.jpg
やはり和食にすれば良かった。レストランの入口にあった和食の見本をパチリ。
a0027555_794328.jpg

最近のホテルでの朝食はバイキング形式が多かったのと、朝食スタッフは正式のホテル従業員じゃなくて、パートのご婦人ということが多かったのだけど、ここは珍しく男性のウェイターが当たっていて、細やかなサービスが好印象でした。

ナイショばなし
by totorisu | 2006-08-08 07:31 | 旅とグルメ | Comments(5)

明日は東京行き

なんだか毎日ばたばたした生活で、自分でも何をやってんだかって気分になる。というところで、明日は東京へ。節約のためになーんと新幹線で行くのだ。
新幹線で関東方面へ行くのは、10年以上前に箱根に行って以来だ。いや、その前に栃木の蒲郡?に行ったような記憶があるし・・・ま、いいか。笑
しかし、疲れるだろうなあ。何時間かかるのだろう?まだ準備を全然していない。ま、バッグ一つあればいいとは思うのだが、この暑さだしねえ。

ご亭主殿は昨日から宮崎へ出張中。楽だあ!!(笑)
by totorisu | 2006-08-04 18:54 | おばば | Comments(4)

子どもが小さかった頃のプール当番

まだ、子ども達が小学生の頃、夏休みのプール当番というのがあった。
当然若くて美人だったおばばもその順番が回ってきたのだが、当日は直ぐにプールに飛び込める恰好をして、その間、目を皿のようにして監視し、疲れ果てて帰ったものだった。そして、こんな危険なことを母親に任せる学校ってなんだろうとか思ったものだった。ついでだが、そこにフリフリのワンピースにサンダル、日傘を持って参加するお母さんにも唖然茫然だったけど。

スイミングスクールで我が息子がおぼれているのに気が付かなかった監視員。ガラス窓の外からガンガン叩いても気づかない!プールの中に走り込んでやっとすくい上げて貰った記憶もある。小学校、中学校とプールで子どもが亡くなったことを身近に経験もしている。だから、プールや水泳の監視員だけはしたくない、いや、しないと心に決めていた。こんな責任の重い仕事はないし、おばばには荷が重すぎるからだ。ましてや、こういうことを高校生などに依頼する団体、学校もどうかしていると思う。

今回のケースはあまりにも未熟な監視体制、監視員教育、管理者の判断の甘さ、全てが原因だと思う。行政も企業も、いろんな面での予算削減にやっきになっている。だが、安全面を無視した予算削減の代償がどういうものであるか、身を以て感じて欲しい。

今日のこの記事を読んで、涙がとまりませんでした。(追記)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060803-00000044-mai-soci
by totorisu | 2006-08-02 08:39 | 社会 | Comments(4)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31
題名で、インドカレーなら..
by mamicha2 at 15:49

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル