<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

おばばは取り込み中

おばばは、家族のお祝い事で取り込み中です。
暫くこのブログがお留守になりそうです、病気ではありませんので、心配しないで下さい。
by totorisu | 2006-06-29 11:10 | 家族ネタ | Comments(14)

女子大生誘拐事件

東京で女子大生の誘拐事件があっていたのですね。無事に保護されたということでよかったけれども、なんだか事件ばかりですね。
有名な整形外科医のお嬢さんということですが。

上記の「整形外科医」を「形成美容外科医」に訂正します。(27日)
by totorisu | 2006-06-27 02:09 | 社会 | Comments(6)

欺されました!

先週の土曜日のことだ。
父の日のプレゼントは娘が買ってきていたコインパースとハンカチに便乗してちょいと心が痛んでいたおばばは、このハガキを見て、旦那様を買い物に誘った。おばばにその決断を促したハガキがこれである。
a0027555_2265049.jpg
ナイトバーゲン、午後3時から夜の8時まで?半額の品さ更に30%引きになるなんてめったにないチャンス。会員特別と書いてある。

その日の朝の新聞の広告がこれである。
はるやま、青山、FUTATAと紳士服の販売店の3社だ。な、なーんと全部同じ!!情報戦争の結果か談合、はたまたカルテルか?見事に割り引きバーゲンの額が一致している。この中で、このハガキは魅力だったのだ。よし!
a0027555_2220759.jpg


で、出発。甘木のイオン系のショッピングセンターの中にそのお店はあるはずだったが、ない!場所が変わっていた。笑 で、再度車を走らせて、その店に到着。サマーウールの流行の柄を3本選んだ。安いはずだ。計算を聞くと、予想の金額と全然違う。あれ?これは?とハガキを差し出す。あ、これはこの商品ではなくて、サマースーツだけです。この商品は定価から30%引きになります。
実は、知っていたのだ、というのは、おばばの前にも一人の男性が同じハガキを差し出して、これは違いますのでと言われていたのだ。だから、おばばもあれ?と思い、わざとハガキまで差し出して聞いたのだ。これはハッキリ言って詐欺的行為です。ナイトバーゲンと言われて、特別会員のみの招待だと言われて、遠路はるばる車を走らせてきたというのに。ムカムカ。買ったパンツのタグには「二本目半額、3本目タダ」なんてことも書いてあるのだ。3本買ってるやん!どうもそれも関係ないらしい。なら書くなよ!笑

でも、旦那様が一緒ですもの、むやみやたらに爆発するわけにはいかない。もちろん教養も邪魔するしね。女らしく「ひどいわぁ~」と言って販売の女性をにらみつけるのがせいぜいなのでございます。笑
おばばの目におびえる女性定員の「ズボンの裾あげ代をサービスしておきますのでぇ」という必死の訴えを聞いても、JAROの名前が頭の中でリフレイン状態でしたわさ。

今日の夕方の仕上げということで、本日再訪。何となくもやもやスッキリしないので、またまた薔薇園によって薔薇をゲット。今回はピンク。今日はこの薔薇しか残っていなかったのです。
でも、綺麗なものを見ると笑顔になれるおばばです。
a0027555_2232426.jpg
by totorisu | 2006-06-26 22:33 | 社会 | Comments(4)

もっと怒ろうよ!

昨日、テレビのバラエティ討論番組で、民主党の議員が出演者に「政治かごとき」と言われて怒っていた。当然である。その方は自分達は国民の信託を受けて、国政の場で頑張っている。それを「政治かごとき」とは何だ!と言うわけです。

当然じゃありませんか。自分が全うに仕事をしてやれるだけのことをやっているという自覚がある人にとって、「○○ごとき」なんてことばは、自分自身だけでなくその職業身分自体を愚弄するものです。もっと他の議員が怒らないのが不思議だ。
ま、場合によっては、本当のことだから怒る、本当のことだから怒らない、どちらとも取れるのだけどね。しかし、どちらにしろ、情けない。

ということで、おばばは昨日、ある方に「要約筆記」は聴覚障害者の「手慰み」と言われて激怒。なら、私がする必要はないと。
もしかしたら、本当のことを言われたのかもしれないね。
by totorisu | 2006-06-25 08:14 | おばば | Comments(6)

バラ園

毎日の雨、おばばの脳は睡眠不足と低気圧で全然働かない。もちろん明け方のワールドカップが影響しているのは言うまでもないが。
こう言うときは何をしてもダメ。地元の図書館へ本を返しに行ったついでに、ドライブ。田舎のバラ園へ。畑の中にこじんまりとあるバラ園。小さい看板がなければ誰も気づかないようなビニールハウスで、いつか覗いてみようと思っていたところなのだ。当然駐車場なんてない。道端に車を止めて、声をかけるが誰もいない。勝手に進入して、携帯で撮影。
a0027555_17344065.jpg「あ!すみません!」うわっ驚いた。感じの良い女性が作業中の恰好で近づいてきた。勝手にはいってごめんなさい、綺麗ですねと。
苗ではなく切り花の専門だそうで、入口に冷蔵庫があり、1束300円と。小銭がなくてというと、いいですよ、いつでも。ええーっ!そんなあと思いながら、田舎のよさだよねぇ、ここは誰にも教えられないなと一人思った。安ければ根こそぎ持って行くような人たちに汚されたくない。笑 おまけに値段も自分で付けろと。「皆さん自分で値段つけてお金を入れて行きますよ」ですって、他人事みたいだ。深紅やピンクいろいろあったが、黄色っぽいバラを選ぶ。
とうことで、ちょっと気分を良くして帰宅。早速花瓶へ。花は10本。綺麗なバラです。再度、これで300円でっす。
a0027555_1741222.jpg
だれかあ!年の数だけ送ってあげようかぁっ!
今日はこんなに綺麗になりましたよ。
a0027555_12265977.jpg
玄関先においているのですが、薔薇の大きさが後ろの絵で少し分かりますか?結構一輪が大きいのです。

薔薇が満開。普通の薔薇とはちょっと印象が違います。(6月26日)
a0027555_21464917.jpg
by totorisu | 2006-06-23 17:47 | 植物 | Comments(5)

ワールドカップの夢

奇跡とか夢とかいいながらもどこかで、勝つ事を期待していた。
中田がなにかをやってくれる、どうして巻を出さない。サントスはどうして、そう不用意なパスをして大事なボールを相手に渡してしまうの?
素人、俄サッカーファンのおばばでさえ、試合の日は眠れない。そういう日々が今日で終わった。

ワールドカップ自体はこれから決勝リーグに入る。いよいよ面白くなるはずなのだ。なのに、ニッポンがいない。かなり見る気が失せる。あーあ、勝って欲しかったよなあ。中田が皆に発破をかけ、発した厳しいことばを、若手もベテランも今、身に沁みて感じているだろう。そういう中でもやはり外国で修行を積んでいる選手は強いね。中村以外は。中村は初戦以外はいいところがなかった。無理してでなくてもよかったのかもしれない。技術だけではどうにもならないものがある。それがガッツだ。ゴン中山みたいな。

中村俊輔の終わった時の顔。苦しさ、情けなさ、悔しさ全てが出た顔だったね。いつも自信ありげなあの、どことなく人を見くびった感じのところが全くなかった。それにしても中田はやはりすごい。お疲れ様でした!!!
by totorisu | 2006-06-23 12:12 | スポーツ | Comments(0)

奈良の事件の少年を保護

ニュースであの奈良の医師宅の火災、家族の死亡事件で行方不明になっていた少年が保護されたとの速報が流されました。
友人、学校関係者誰一人としてその少年を悪く言う人がいないというのも不思議です。少年にいったい何があったのだろう?なんだか社会派ニュースコメンテーターの言うような口ぶりになってしまう自分がちょっとね、という心境です。
by totorisu | 2006-06-22 11:40 | 時事 | Comments(4)

ちょっとそこのあんた!「明日の記憶」

「ちょっとそこのあんた!」笑 ドラマや映画でおばちゃんが怒るときのお決まりのセリフ。このセリフを使いたくなるシーンが昨日あった。
おばばが聴覚障害関係のボランティアなどをしているということは、皆様ご存じだと思うのだけれども、そのことで昨日電話ができない友人に頼まれて、福岡県で唯一日本語字幕付きで上映が決まっている映画館(超一流)に、その上映時間について問い合せた。

おばば
「明日の記憶」の字幕付きの上映時間を教えて頂きたいのですが」
担当者(女性)
(ちょっと小馬鹿にした感じで)「明日の記憶は邦画ですよ。字幕はついていません!」
おばば
「・・・・(しばし唖然、しかし気を取り直して)聴覚障害者協会の代理の者なのですが、日本語字幕映画上映の問い合せ先というのはそちらですよね。日本語字幕はついていないのですか?」
担当者
「あっ!ちょっとお待ち下さい。(暫くして)10時45分です」
おばば「1回だけですか?」
担当者「1回だけです」
おばばは、この後どうしてもすんなりと電話をきれなかったのだ。「ちょっとそこのあんた!」は、教養が邪魔して口から出ることはなかったけれども、その分特別に丁寧に、聴覚障害者がこの1回だけの字幕付き映画の上映をどれだけ楽しみにしているのか、お伝え申し上げた。
付いていないと言われて、素直に信じる利用者がいたらと考える。そして何よりも悔しいのは、字幕が欲しいと訴えた関係者、字幕をつけて下さったスタッフそれぞれの方々の気持ちを踏みにじることになるのだから。
ちょっとそこのアンタ!猛省ですよ
もう1回いいます。邦画にだって字幕はつくのです!
by totorisu | 2006-06-22 08:47 | 社会 | Comments(10)

北朝鮮のテポドンは?

小泉首相がサマワからの自衛隊の撤収を発表するニュースがテレビで流れた。それはいいことなのだけど、北朝鮮のテポドン関係のニュースが少なすぎる。
あちら様が発射して失敗したら、日本の上空、いや、そのまま九州におちてくることはないのか?杞憂、おどしといわれればそれまでだが、それが通用しなくなるのが、崩壊間際の国。日本だって昔そうだったではないか。回天とか海軍の特攻隊など、とても他の国から信じられなくて恐ろしかったのだそうだ。

どうか、皆様、北朝鮮関連ニュースは包み隠さず、日本国民に伝えて貰いたい。アメリカのニュースに期待したいところなのですが。おばばの家は衛星放送さえない貧乏所帯なのです。
「同情するなら金をくれ!」
あれ?なんで時事的な話しが、我が家の家計の話しになってしまうのだ!あ!(笑)

サマワで頑張られた自衛隊の皆様、お疲れ様でした。
by totorisu | 2006-06-20 17:19 | 時事 | Comments(7)

悲惨な戦い

昨日、伯父が緩和ケア(ホスピス)に入ったというので、お見舞いに。唐津や福岡の従姉妹もきていて、伯父の足をさすりながらいろんな話しをしていた。何故か涙がでるのが悲しかった。

帰りは高速ではなく、国道34号線をのんびりと伯父のことなど考えながら、ひとしきり追憶にひたりながらと外の景色を楽しみながら運転をしていたら、ラジオからこの曲の紹介が流れてきた。なぎら健壱の「悲惨な戦い」。紹介するのはあのクリスマスソングの定番となった山下達郎、今回は父の日で特別にスポーツネタと特別を強調していたが、邦楽でかつ、あとは聞いて見て下さい。曲はありません。
結構透明感のある声にアコースティックギター伴奏で、しっとりと歌い上げています。
ではどうぞ。↓ここをクリック。
「悲惨な戦い」(文字盤)
おばばはこの曲を車の中で一人で聴いたのです。ボリュームを上げて。
突然苦笑して、運転ができなくなりそうだった。伯父の思いでに浸っていたのが、背中からくっくっくっくと笑いながらの運転になり、そして不謹慎にも大声で笑い出して、ああ、人生の不可思議、いえ、己が人格のかろさを呪いました。

でいろいろとチェックをしていたらこういうサイトに行き当たりました。
ちなみに、「悲惨な戦い」は既にNHKでの放送は許可になっているそうです。
放送禁止歌
by totorisu | 2006-06-19 11:03 | タレント | Comments(5)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

おおおお! お元気です..
by totorisu at 23:26
規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

画像一覧

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル