<   2005年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

これどうよ

近所の薬局の前にある自動販売機につけてあった、スーパー用の袋。
すごい!これはいいと一人感動してしまった。こういうのって他のところにもあるのかなあ。
数個まとめて買うとき、入れるものがなくて困ったことが何度もある。誰かアイデアを登録しているのだろうか、ロイヤリティをとれるくらいのアイデアだと、オババは思うのだが。a0027555_828533.jpg
タグ
by totorisu | 2005-06-30 08:28 | Comments(5)

豚に真珠、清原にピアス

ずっとジャイアンツのファンだったが、長嶋が辞めて、堀内が監督になった時点で魅力がなくなった。
堀内監督は、現役時代は優れたピッチャーだったのかもしれないが、頭悪そうだから、絶対に監督になっても大成しないとだんなに公言して言い合いになったこともある。実際そうなってしまったのだが。ジャイアンツが最下位なんて、巨人、大鵬、卵焼き世代の私には絶対に許せないことなのだ。。
それにあの清原の坊主頭は好きでない。おまけに最近は綺麗でもない耳に大きなダイヤモンドまでつけはじめた。なんなのだこれは、このチームはあの栄光のジャイアンツとは全く違うチームになってしまった。ぶくぶく太った体に奇っ怪な頭。不摂生が表われているような顔の表情。球場のライトにビカビカと光るダイヤモンド。やだ。嫌いだ。まだ豚に真珠の方が可愛い。

大体ダイヤモンドなんて、女性の虚栄心を満たす代物だったのではないか。そんなもんを得意げに耳につけた男なんて、夜の世界のホストがバットを振っているみたいだうん?
by totorisu | 2005-06-28 20:29 | Comments(5)

ホストの世界

最近みつけて、読者になってしまったブログ。笑
ホストの世界って、テレビでしかご縁がないのよね。だけど、我が息子の職業選択の観察時期、職業に貴賤はないと確信しつつ、そう信じている私が、どうしてもこれだけは避けてもらいたいと本気で思ったのが男性ホストという職業。私の中にある唯一の偏見かもしれない。そんなホストの世界を垣間見ることができるブログ。
http://host-k.ameblo.jp/
人生なんだって勉強だあ!

メモ帳から
by totorisu | 2005-06-28 10:37 | 社会 | Comments(0)

ねこママパンチとtotorisuキック

要約筆記の関連サイト(一般に公開していないサイトです。誤解がないように書き加え)で、どうしても日本語が通じない、いえ、しゃべれないというのではなくて、書いてあるものが特定の個人に限って通じないということがある。
そう言うときに、ストレートにあんたの読み方がおかしいジャンというのが、ねこママパンチだ。
totorisuキックは言いにくそうに、そして親切そうに、「あなた様の能力に少々問題があるのでは?」と婉曲表現。しかし、これは後でじんわりと聞いてくる。

まあ、どちらにしろ相手攻撃には違いない。これに杉田の有無を言わせぬ回し蹴りが加わったら、最強のエンジェルスができるな。笑 ま、美女軍団とはほど遠いが、強烈パンチとボディーブローで相手をフラフラにさせて、最後はマワシ蹴りで、リングにぶっ倒す。

最近なんだかんだと訳分からんことをのたまって、自分の地位保全に汲々としているオッさんが多すぎる。男だからと奉られた時代は終わったんだよ!気づけ!

ありゃ?話が違うところに飛んでしまった。一体私は誰に怒っているのだろう。あいつかって?そう、あいつだ。知っている人は知っているが、知らないヤツにはなんのことだかわからんわいな。すんません。なら書くなっ!ってか?
書かずにいられないこの心境。ここでしか吐き出せないんだよ!!!-っ。
by totorisu | 2005-06-28 07:57 | Comments(2)

「A]打ち切り

それにしても久米さんには気の毒な結果に。
団塊世代の私もあの番組には期待していた。しかし、ネットを利用したにしては、ナマ放送でなければ何の魅力もない。実際に第1回の放送を観てがっかりしたことは事実。
次に、丁度番組スタート時に中国大使館襲撃などがあり、アジアに対する我々日本人の目が冷めていた。なのにアジアの情報を提供だなんてあまりにもタイミングが悪すぎる。しかも取材したのはあきらかに3ヶ月ほど前の時点のものだった。これにはハッキリ言って、興ざめ。
周囲のコメンテータの選択は結構面白かった。あややの場違いを除いて。

番組趣旨は良かったのだ。問題はその視点と方法にミスがあった。
失敗を恐れずに、あの番組をナマで放送すること。テーマをアジアでなく、ヨーロッパだとか南米にしたら面白かったのに。至極残念である。久米さんガンバレ。団塊世代はあなたを応援しますぜ。
by totorisu | 2005-06-27 11:07 | Comments(0)

跳び蹴り杉田

新聞の週刊誌の広告、ネットニュースの見だしに杉田かおるがだんなに跳び蹴りをかましたとか、いよいよ離婚か、いや、現実に結婚の実態は無かったとか、まあそれは喧しく。
今朝の番組に出ていた彼女、新しい本の宣伝をしていた。私もこんなにしたたかに、力強く生きたかったなあ。ガンバレ!女の鏡、杉田かおるよ!
追伸 あれは跳び蹴りではなく、回し蹴りが真実なのだそうだ。どっちでもいいか。笑

メモ帳から
by totorisu | 2005-06-27 07:42 | Comments(4)

お返しはカタログから

親戚の従弟が大きなファッションホテル第2弾を建てたので、お祝いを両親に託していたら、お返しの品が送ってきた。カタログから選ぶという例のあれだ。
結構な金額だったせいか、そのカタログの商品も豪華。選びにくい。
こういうカタログのリストが送られて来たのは2回目。前のは会葬お礼お品だった。会葬お礼の品もこれまた選びにくくて、そのままにしてしまった。

で、発見したのだけど、この2回とも、ハガキに何日までにと書いてあるのだが、その日が何故か前日になっている。締切りを過ぎているのだ。相手に確認するわけにもいかず、こういうのって依頼するお店はしっかりと選んだほうがいいかもしれない。どんなに相手に心を尽くして、好みのものを選んで頂こうという思いも、そのお店がいい加減だと、帰って相手が心悩ますことになる。

さて、何を選ぼう。ブランドのバッグ、ヨーロッパのデザインのソファーベッド?卒業祝いを結局していなかったので、娘に素敵な腕時計を選んでやることにした。ブランドものだ。え?結局選んだのかって? へーい。 笑
by totorisu | 2005-06-26 07:02 | Comments(0)

三人の少年

学校で口数が少なく、突然別のクラスに爆弾を投げ込んだ少年、両親を刺し殺し、時限爆弾までセットした男の子、そして兄を刺して、二度と生き返らないようにと浴槽にまでおとして殺してしまった15歳。一体どういうことなんだ。

口数が少なかったらしい。そうだよそうだよ、その年齢って話さないんだよね。息子もそうだった。クラスの誰とも口を効いてない時期があった。原因は上靴。靴の色が他の子と違い、一級上の学年の色だった。それを見た同級生は、彼をだぶりと判断して近づきがたく感じたのか、敬遠したようだ。それを敏感に感じた息子は一番後ろの席をこのみ、ふてぶてしい態度で周囲を威嚇していた。
住居不法侵入、同じだ。空き家に侵入して仲間と一緒に遊んでいた。管理人が通報し、学校がそれを知ることに。無期停学になり、両親は学校に呼ばれた。
妹を奴隷のように使い、言うことを聞かなかったり、思いどおりにならないと蹴ったりしていた。(このことは、娘が後になって話してくれた。そして息子も20歳を過ぎてから、後悔していると私に告げた。涙とともに)
どれもこれも息子と同じじゃないか。だけど彼は逮捕もされないし、誰も傷つけなかった。大学を卒業し、時間はかかったが就職してちゃんと働いている。妹は「全然恨んでなんかいないよ。だって、友達に聞いたらみんな同じだって。私だけじゃないよ」

2回目の停学を受けた2年の時の担任は「こういう子がまともに卒業したことはありません。お母さん」と言った。唖然とした。あんたにうちの息子の何が分かっているのだと。そして「今度お母さんに会うときは退学の時ですね」と言い放ったのだ。
「いいえ、今度先生にお会いするのは、卒業式の時です。この子が本当に悪いことをしたとき、もしこの子が人様を傷つけるようなことがあったり、人様のものを盗んだりするようなことがあったら、私はこの子を自分の手で殺して、私も死にます」と言ってやった。

学校からの帰り道、離れて先を歩いていた息子が照れくさそうに戻ってきて、「びっくりした、あんたがああいうことを言うとはおもわんかった。あれ、本当は俺じゃあないからね。友達なんだ。あいつは今度停学になったら、終わりなんだ。3回目は退学だから」と。息子は、めでたく3回目にはならずに卒業した。卒業式当日、あの先生に会いに行くと言う私を笑いながらやめとけと止めた息子。
本当にちょっとの差なんだよ。
by totorisu | 2005-06-25 01:12 | 時事 | Comments(3)

「あねご」が終わった

「あねご」が終わったと書いても何のことやら分からない御仁も多いと思う。なんのことはない、30過ぎても会社で働くちょっと気の良いOLが主人公のテレビドラマだ。
私的にはかなり気に入っていたドラマ。「あねご」って響きがいいじゃないか。漢字で書いたら姐御。あれ?鉄火場で着物の襟をはだけた男っぽくてちょいと色気のある女を想像してしまう。笑

そういえば、あたいも職場にいたときは、姐御とかお嬢とか言われたもんだ。「聞いてくださいよ、姐御、こないだ秘書の○○ちゃんにファッションホテルに一緒に行きましょうといったら、傘の先で肩をグリグリされたんですよう」「いいじゃない、反応があったんだから、男は押しよ、ガンバりなさい」と励ましていた低身長、高学歴、どう見たってイケメンとは縁遠いきゃつもあれから本省に転勤になったという。その相手の超美人秘書は幼なじみの中学教師と結婚をしたとか。
そのグリグリされたと肩を押さえて嬉しそうだったヤツも出世して今じゃ押しも押されぬ局長クラスのお偉いさん。世の中わからないもんだねえ。

ガンバレ働く女達よ!ガンバレ不細工な男どもよ!

最終回になって原作が林真理子だと知った。おお!面白いはずだ。今頃気がつく私も何を観てたんだか。笑 ああ美人に生まれたかった。(原題はanego)
by totorisu | 2005-06-22 23:24 | Comments(4)

今日見つけた面白いことば

ある科学サイトにあったことば。
なかなか含蓄のある発言なので、ちょっとここに。抜粋

そんな大事なことどうして教えておいてくれなかったんだよ!」

 若人よ、世の中、教えてもらえるのは教える側にとって教えてトクすることだけであることを察しておくべし。
 知っておくべき大事なことなのに、待っているだけでは教えてもらえないことがらは世の中にたくさんある。
 
by totorisu | 2005-06-22 09:58 | Comments(2)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

おおおお! お元気です..
by totorisu at 23:26
規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル