<   2004年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

地震カミナリ火事親爺

ホント、今年は地震カミナリ火事親爺というような年だった。
新潟の地震がなんとか落ち着きを見せてきたとおもったら、ドンキホーテの火事騒ぎ。容疑者がつかまりそうで、本当はつかまってはいないのだけど、そうこうするうちに、今度はマレーシア沖での強烈な地震による津波で2万人もの人命が奪われた。なんて年だ。

北朝鮮の拉致問題も外交的な問題にすり替えられて、政府はハッキリした態度をとらないし、30日の紀宮のご婚約の正式発表で少し明るくなるよ良いのだが、そこへきて、女帝問題の委員会の結成というニュースのおまけまでついてきた。ふぅ~と言っていたら、自分の子供を石で殴り殺した母親が逮捕。こういう事件も今年は多かった。反対に息子が両親を殺すと言う事件もかなりあった。

来年はどういう年になるのかしらね。せめてあまり天災だけでも来ないで欲しいと思う。
地震はもう沢山、台風ももう沢山です。
by totorisu | 2004-12-28 16:36 | Comments(7)

人生において重要なことは

人生において重要なことは、愛することと愛されることを知ることである。
愛された人は他を愛することに柔軟であり、愛することを知った人は他者の苦しみも孤独も悲しみにも寛容である。例え愛されなくても、愛することでそれは十分に埋められると思う。
そしてもう一つ補うとすれば、想像することである。相手の立場になって想像することである。他者の目を自分の中に取り込むことである。自分一人の一方的な目は他者を傷つける自分の姿に気がつかない。
by totorisu | 2004-12-26 10:28 | Comments(14)

オフコースの曲が

オフコースの小田和正の曲がテレビから流れている。17、8年前の記憶が鮮やかに蘇る。あの頃シナリオの勉強をしていた。青山のシナリオセンターで仲間と話したこと夢を語ったこと。東京へ誘われたこと。全てが虚構のように感じられる。
要約筆記にであって、全てが変わった。今はそのことを懐かしく思う。
by totorisu | 2004-12-26 01:05 | Comments(0)

クリスマス

今年が生きている内で一番盛り上がらないクリスマスだった。
一番嬉しかったのは、子供の頃、朝起きて枕元に何があるかわくわくしていた頃。セルロイド製の簪、ミルク飲み人形、いろんなものを覚えている。
結婚前にも少し思い出がある。天神の夜景、中州の夜景、赤いサンタクロースの帽子をかぶった華やかな女性がカウンターの中でグラスに氷りを入れている様子が記憶に残っている。
子供が生まれてからは、毎回プレゼントを買いにパパとおもちゃ屋さんへ行ったものだ。

でも、今年のクリスマスは何にもしなかった。なにもしたくなかった。ツリーを飾らなくなって何年になるだろう。今日実家へ行ってその話しをしたら、母が昨日はお父さんが一杯ごちそうを買って来てくれて、二人で食べたのだと嬉しそうに話しをしてくれた。とても平和で穏やかだった。そして仏壇の弟に手をあわせた。
こう書きながら何故か涙がにじむ。だけど、一番ゆっくりと自分のことを考えたクリスマスイブだったのかもしれない。
by totorisu | 2004-12-25 21:27 | Comments(0)

コキーユとコキュ

時々おじゃまするサイトでコキーユというのがある。私は最初、自虐的にコキュのことだとばかり思っていたら、どうも本当にコキーユみたいだ。
フランス語で海鮮グラタンと言ったらいいのか。お皿が貝殻の形をしているというのも特徴の料理の名前。私はコキュの方が好きだな。といいつつ、人の身勝手さに傷つく。
誰もが自分は見えない。左目で右目を見ろと言っても無理である。私もその中の一人だが、言いたいことは言って行こうと思っている。理想のレベルは高い方がいい。だが、本当に大切なのは、誰の視線からもはずれているところにあるものを見る目である。神様、そういう目を私に下さい。
by totorisu | 2004-12-24 17:38 | Comments(4)

修了書の授与式で

昨日、県の要約筆記奉仕員養成講座の応用課程が無事終了。そこで8割以上の出席率の方には修了証と県の登録書の授与式というのがあったのだけど、19名の方が順番に、県の障害福祉課の担当者が壇上から一人一人に手渡した。
その時に、その内の2名の方が、授与者が立っているところまで上がって行って、受け取る場面があった。他の人は、一般の卒業式みたいな形でしたから受け取っていたのだが。みていて、あれ?と思った。
え?スタッフ側にいる私としては、これは県の役人が壇上から渡すのはけしからんと思ったのだろうか?そのことへの意思表示なのだろうか?と。ちょっと目がテンになった場面ではあった。
by totorisu | 2004-12-22 10:05 | 要約筆記 | Comments(5)

税金を上げないでくれ

頼むから税金を上げないでけれ。せっかく上り調子に来た景気がまた下がる。
小泉さんよ、あんたは生活に困らないだろうから、いやあんたの周囲のご老人たちも誰も生活にこまってはいない。だから生活者の心理がわからない。
そりゃ、景気がよくなるまでという契約の減税だったかもしれぬ。それでやってきたのなら、これからもそれでやれないはずがない。
中国政府へのODAもやめるらしいじゃないか。その浮いたお金を使ってくれ。それに消費税はこれまで、政府に届かずにネコばば的に消えていたものが結構あったはず。あれを回収してくれろや。頼むから。
国会の女性議員のスーツのド派手なこと。あれみただけで、こいつらのお金の使い方はと思う私である。普通の値段のスーツで十分ではないか。いかにもあつらえでござると言う色のスーツが議員席に花が咲いたように散らばっている。なーんにも返答できないで、側の官僚の顔をみては返事をするおばちゃん。スーツ高そうです。できれば、この人止めさせて、法務大臣はいてもいなくてもいいので、おきません。と言ってくれ。それでまた1億円ほどの節約ができる。たのむよ小泉さん!
by totorisu | 2004-12-13 18:45 | Comments(17)

どうしたらいいねん

今、大学や短大などでのノートテイクの依頼が増えている。
ノートテイクというのは、先生や講義室内での講義の内容や教室ないでの会話などを文字に変えて利用者に伝えるという作業。国立大学や私立大学には聴覚障害学生を支援するための予算が計上できるようになり、かなり対応は進んできた。
しかし、これにも盲点があった。通信教育には対応できないというのだ。働きながら学ぶ学生には対応しないというのはどういうことだ。通常の大学生よりも手厚くしもよいくらいだと思うのは私だけなのだろうか。なんとも解せない。
地域の要約筆記者の団体で対応をしようという話しになってはいるが、長期間である。全ての負担を要約筆記者個人に強いるというのはおかしな話しだ。国の対応はどうなっているのだろうか。県の対応はどうなっているのだろうか。今年出された改訂障害者基本法には、障害者は全ての社会生活において差別されないとあるのだが。
by totorisu | 2004-12-08 22:02 | 要約筆記 | Comments(9)

言わなくてよいこと

ここへ来る人にも関連あるサイトで、先日の秋篠宮殿下の発言が話題になっている。ことの発端は雅子様の話題から発展しての書き込みだ。
意見は雅子様には同情する女性と厳しく批判をする男性という図式に分かれている。また、秋篠宮殿下の発言にたいしては、言わなくてもよいことと。この意見と同じことを私も考えていた。何故今、このようなことをご発言なさったのか。マスコミの餌食になるだけである。マスコミの餌食になり心を痛めておられた雅子様に再度どういう影響を及ぼすか、怖くなるほどの気持ちをもってその報道を見ていた。
ある書き込み者は同じ日本人ではないかという。果たしてそうなのか。私は彼らは象徴であって国民ではないと思っている。ロイヤリティーという言葉でも表されるものであるが、このロイヤリティー持つということが、国としてどれだけの価値があるものか、知っているのだろうか。アメリカがどれだけ地団駄ふんでこれを持たない国家として悔しい思いをしているかである。我々はもっとこのことの意味を知り、大切にしていかなければならないのではないか。
そういう中でのあの発言はとても残念であった。
皇太子の発言は同情と賞賛をもって聞き、秋篠宮の発言は悲しみをもって聞いた。
by totorisu | 2004-12-04 11:40 | Comments(7)

師走と流行語大賞

12月というのが信じられないような暖かさだ。
昨年は11月の中旬にはコタツを準備したのを覚えている。やはり暖かいのだ。
毎日毎日要約筆記関係で処理しなければいけないことがあり、時間が矢のように過ぎていく。といって、矢なんて今の生活には何の関係も必要性もないのに、いったいいつの時代にできたことばなのだろう
昨日流行語大賞が発表になっていた。寂しいかぎりだ。超ナントカという表現が出てきた時は批判的だった大人達が、オリンピックの金メダル選手がそのことばを発したとたんに認めもてはやし始めた感がある。なんなのだこれは。ガングロギャルのくちから漏れれば、嘆かわしい日本語として扱い、オリンピック選手の口からでれば、同じことでも流行語大賞になる。

「チョーゥ、気持ちいい」この言葉を別のシチュエーションで想像してみろ。キモイ。笑
人間の感覚なんて実に勝手なものである。
私が選ぶなら、「人生いろいろ」と「三位一体改革」に「拉致」「おぼえていない」である。
(注釈 キモイ・・・・気持ち悪いを略した表現らしい)
by totorisu | 2004-12-03 14:32 | Comments(5)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

おおおお! お元気です..
by totorisu at 23:26
規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

以前の記事

2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル