<   2004年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ごめんねを有り難うに変えたらババアになった

前のスレッドに、これからは「ごめんね」を有り難うに変えると書いた。
それで、朝起きて、パパが先に起きていたら、あ、起こしてくれてありがとう。娘がもーっ!朝ご飯はまたパンだけ?といわれれば、あら?自分で焼いたの?ありがとう。今朝は、パンだけでもご飯が食べられて有り難い。体重が増えるのは、きっと楽をしているからだろうから有り難い。ああ、なんでもかんでも有り難い。
なんかこれって、バアサマが、手合わせて、有り難い有り難いと言っているように見えて仕方ないのだけど・・・。笑 もしかしたら、一足飛びで精神がババアになってしまったのかもしれない。トホホ やめるか?
「ごめんね」も情けない感じで嫌なので、やっぱ怒りまくることにする。
てめえの食い扶持くらい自分でしやがれ!年はいくつになった!
なんでそう、定時にきちんと起きれるんだよ、そりゃ毎日10時に寝てりゃ、起きれるだろうさ!あ、大事な旦那様になんてことを。失礼
by totorisu | 2004-09-26 21:10 | 家族ネタ | Comments(8)

商売に励め!

朝まで使っていたパソコンが突然バッテリー切れ。あれ?ちゃんとコンセントにつないでいるのに。おかしいなあ。このまま使うと、中身が壊れてしまう。諦めて使用を中止。
急いでパソコン専門店に持ち込んだ。何かの機会を修理中のお兄ちゃんに、説明をして待つ。散々待たされた後に、このくらいのは、おかしくなって当たり前という。ヌヌヌ、3年ちょっとだぞ。この店で買って。もうちょっと愛想よくしろよ。おまけに、半年前には新しいパソコンも買ったのだぞ。それからおとといはスキャナーを買って、昨日はハブとメモリーフラッシュも買った!ここで。と心の中で叫ぶ。

今まで、親切なパソコン専門店と思ってだいじにしていたのに、すっかりさめてしまった。
by totorisu | 2004-09-24 23:29 | パソコン | Comments(3)

殺人事件

ちょっと最近のニュースをみていて、あまりにむごい殺人事件が多いと思うのだが、いったい世の中どこでこう狂ってきたのか。
まだ、日本がこれほどの経済成長を遂げるまえくらいによく言われていたのが、アメリカに20年遅れているということばだった。その頃のアメリカはものすごく殺人事件が多く、地区によっては無法地帯とも呼ばれるところもあったと記憶する。となると日本もその後を追っているのか。
雇用形態がアメリカナイズされ、教育もアメリカのプログラムを参考にし、食べ物までがアメリカのファーストフードを模倣するのだから無理はないのかもしれない。心ある日本人よ、自由と自由経済と個人の権利を主張するところはアメリカに見習おう。だが、その他の弊害まで見習うことはないのだ。フランクで型苦しくない、あの雰囲気は羨ましいとは思うが、日本にある伝統やしきたりや習慣が、地域社会の安全を守る一つの方法であったことを見直してもよいのではないか。
by totorisu | 2004-09-24 16:43 | Comments(0)

大失敗の巻き

アッハッハッハ、私としたことが今日は大失敗をしてしまった。
パソコンのノートテイクで現場に向かった。必要な聞き、フロッピーディスクそのた準備万端怠りなく。で、玄関と部屋の角のところにそのバッグを置いて、でようとしたところで、あ、バインダーと思い、紙を準備してよし、と自分のバッグをもって、バインダーを手にとって、駐車場に。

現場近くなって、サイドシートを見て、あれ?バッグがない。パソコン用のバッグが。もしや?後ろの席を確認する。ない。ああああ・・・・・。玄関前にそのまま。
即携帯電話をとり、この仕事の責任者に電話。パソコン持ってすぐに来れるか?と。相手もびっくりである。でも来てくれるという。それで先に入って、彼女が来るまでは、手書きでしようと。すぐに来てくれた。ほっ!

今度はパソコンのパスワードがわからない。こっそりとメールで伝えてもらう。次はケーブルが違っていた。ああああ・・・。であった。
by totorisu | 2004-09-22 17:20 | 要約筆記 | Comments(5)

あいた口がふさがらん

今日、またもや私がかねてより腹をたてている御仁からメールがあった。
「突然ですが、去年不謹慎と言ったことごめんなさい」と。

なんだそりゃと思うでしょう?詳しく話せば、昨年私の弟が亡くなった。で、喪に服してはいたのだけど、関連のボランティアに関することは普段どおりに続けていた。
年末に、担当者から機関誌に地域担当として新年の挨拶というか目標みたいなものを書くようにとの指示があった。で、そいつに一応相談をしたわけだ。そのときに、私も新年という目出度い場所ではあるし遠慮した方がいいのかとも思うが、こういう立場上、そのことは関係ないものとして書こうと思うと言った。
そのときのそいつの返事が「そういうことをするのは不謹慎です」ときた。ちょっと頭に来て、なんだ?じゃあ、小泉さんの兄弟がなくなったとする、で、首相は政策上のこと、国民への新年の所信など言った時に、喪中ということで書かない訳?それを国民が嫌がる訳?と判りやすくするために例えていった。役職上の公な立場と個人的なことは別ではないのかと。それでもあいつは意見を変えないばかりか、書くのは勝手ですが「周囲の人は嫌がります」と。へーんと思ったね。普通は、気にしなくてもいいのじゃないですか?というのが友というものだと思うがね。

で、何で今頃そう言うことを持ち出すか?で、私はははーんときた。そいつがもしかしたらそういうことになりそうな予感がしているからじゃあないかと。私は、それに思い当たった時、開いた口がふさがらないというか、ぞっとした。君には、情というものがないのか?身内のことだぞ?一番君に近い方の。そう先のことまで考えて予防線を張っておこうとする君という人間はいったいどういう人間なんだ。
by totorisu | 2004-09-21 13:32 | Comments(1)

廃校を利用して

福岡県甘木市の黒川地区の高木というところに、廃校(黒川小学校)を利用したミニ美術館と蕎麦を食べさせてくれるレストランがある。レストランといっても、古い小学校の講堂をそのまま利用しているので、レストランという雰囲気とはちょっと違うが。味わい深いというか趣があるというか、昭和20年代から30年代に生まれたものにとっては、あの懐かしい木の教室に遭遇できる。

BGMはアンティークな雰囲気のジャズが流れる。でかいテーブルが4つほど、奥には講堂の名残を残すように舞台もそのまま。入り口の廊下を左に曲がるとそのままミニ美術館へ。
古い蓄音機のコレクションがずらりと揃っている。頼めば解説しながら音も聞かせてもらえる。蓄音機から流れるビートルズの曲は味わい深い。

a0027555_2025486.jpg


ここは、蕎麦打ち体験もできるそうだ。レストランは基本的に土曜と日曜だけしかあいていない。蕎麦はうまい。最初、岩塩だけで食してみる。蕎麦の風味がわかる。その日に挽いた粉を使っているようだ。10割蕎麦。ほんとかいなというくらいにのどごしがいい。
最後に出てくる蕎麦掻きには驚いた。こんなに柔らかくてふんわりとした感じの蕎麦掻きは食べたことがない。いつも途中でうんざりして残してしまうのだが、ここのはぺろりと全部たべてしまった。生醤油に唐辛子と黒豆のきな粉がついてくる。おすすめ。1500円の○○膳。

ただ、あまりでかい車は道が狭いので要注意。今は黄色い稲と彼岸花の赤が美しい。
それから高木梨でも有名なところだ。
a0027555_17334069.jpg

by totorisu | 2004-09-20 20:01 | グルメ | Comments(0)

ちょっと休憩

これは、花や木の実が入って居る中国茶。
ワンセットがビニールの小袋に入っている。一人分をグラスに入れて、お湯を注いでみた。きれいだ。その華やかさを皆さんにお裾分け。
味は薄甘くて、シナモンの香りと花の香り、菊の香りが強いかな?
アーモンドのような実やクコも入っている。a0027555_18171964.jpg

by totorisu | 2004-09-19 18:15 | Comments(4)

馬鹿に付ける薬はない

今日、二カ所で講座があった。私は一方が最終日だったので、そちらを担当。
現地について、もう一つの講座の講師予定の方のお母様が危篤と聞いた。それは大変、ですぐに実家に帰られたの?と聞くと、今別の派遣に行って、午後の講座も担当すると。あほか!と思った。
こういうのは責任感でもなんでもない。馬鹿としか言いようがない。その執着心はいったい何なのだ。理解できない。だいたい養成講座なんて、そんな無理をしてまですることではない。そう言う状態だというのに無理をしまで教えられる方が迷惑だ。それに代わりの人間がいないわけではないし、他の人が出来ない内容でもない。いったい何を考えているのだろう。人の命とボランティアの講座と引き替えにできるものではない。聞くだけで腹が立つ。
by totorisu | 2004-09-19 00:12 | 要約筆記 | Comments(8)

またまた変えました

あまりにウンコの評判がわるいので、再度変えてみました。
もうこの変遷は普通じゃないな。
ねこママさんに、またつっこまれそうだが、今回は結構乙女チックで可愛いのではないかいな。ま、私には似合わないことは判っているが。
by totorisu | 2004-09-17 22:25 | Comments(1)

「ごめんね」はもうやめよう

最近自分がなにかにつけて、「ごめんね」「「ごめんね」と言っていることに気づく。
朝起きて、パパにごめんね。起きるのが遅くてごめんね。疲れていると聞いて、一家の生活がかかっているから無理をさせてごめんね。

娘が食事が簡単過ぎるというのに、ごめんね。娘やパパにちょっと銀行に行く時間がなくて、お金を貸してもらえる?「ごめんね」友人に連絡をするのが遅れて「ごめんね」。ボランティアで、十分働けなくて「ごめんね」。家がちゃんと掃除できてなくて「ごめんね」。片づけていなくて「ごめんね」私の書類が家中に散乱していて「ごめんね」。メールの返事が遅くなって「ごめんね」。
夕食の準備ができていなくてごめんね。頼まれたことをしていなくてごめんね。

ああ・・・・・疲れた。「ごめんね」というのに。
娘がもうそれやめたら?ストレスになっていない?全てのことがと。そうだなと自分自身で思う。「ごめんね」を「ありがとう」に変えよう。
by totorisu | 2004-09-17 16:10 | Comments(9)


ここ10年近く介護と聴覚障害者向けのボランティアを続けてきました。


by totorisu

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

最新のコメント

規則正しい食事、生活と睡..
by totorisu at 20:03
こんばんは。 相変わら..
by j-machj at 22:45
j-machjさんありが..
by totorisu at 22:14
こんばんは。 久し..
by j-machj at 23:23
久しぶりです。 yam..
by 梓時夫 at 22:23
ごめんなさい、記憶があり..
by totorisu at 17:40
NHKのラジオ放送のにあ..
by yamaken at 14:01
時どき思い出したようにジ..
by ひろた庵 at 06:33
あはは、おっしゃるとおり..
by totorisu at 23:31
題名で、インドカレーなら..
by mamicha2 at 15:49

ごあいさつ

【ちょいとプロフィール】
性別 女
星座 獅子座
干支 五黄の寅
公務員歴 20年 その後大学病院麻酔科医局でのアルバイトや劇作家の秘書等様々な職業を経験 。ラジオドラマ等のシナリオライター、食の本のライーターなどを経てつい最近まで聴覚障害者の文字通訳等のボランティア等をしていました。
第三の人生、さあてこれから何を!と言いたいところですが、やることが山のように。両親の看病、介護。実家の大掃除と普請、庭の手入れなど。住まいも変えようかな・・・・と考えているところです。
http://totobora.yrb.jp/

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

ファン

ブログジャンル